【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年05月17日(水)19:33 暇つぶし(世間話) 大規模サイバー攻撃ーその2

2017-07-23 12:19:55 | ブログ

アングル:大規模サイバー攻撃、専門家を悩ませる「奇妙な謎」
2017年 05月 17日
http://jp.reuters.com/article/oddities-wannacry-idJPKCN18D0H1

一応、記事は読んだ方が、よろしいと思います。

その感想は?(私の個人的)
現在の東アジア問題が、連想されます。
北朝鮮です。
アメリカの軍事力で脅され、中国からは「石油禁輸」をネタに核実験をするな!と脅されています。

流石に中国から「石油禁輸」をされると、北朝鮮は国家が成り立ちません。だから、核実験は今のところ中止していると思います。

その代わり、ミサイル発射実験は継続しています。

今回の大規模サイバー攻撃は、上記の状況を考えるなら?
もし国家が関与しているとするなら?
どこの国が、関与したのかは明らかでしょう。

普通は、金銭が目的です。
今回は、金銭より「どれだけ沢山やるか?」が目的のようです。
つまり?
「サイバーテロ事件です」

しかも、ネタ元はアメリカです。
※一部、ロイター記事から引用>
米国家安全保障局(NSA)は、「エターナル・ブルー」と呼ばれるハッキングツールを構築するため、マイクロソフトのぜい弱性を利用した。だが結局、それは謎のハッカー集団「シャドー・ブローカーズ」の手に渡り、他のツールも含めインターネット上に放出された。
※引用終わり

今回の事件は、「大規模サイバー攻撃」のレベルでは、ありません。
「大規模サイバーテロ」と言うべきものです。

※ご参考
ランサムウエア「WannaCry」被害拡大はNSAの責任なのか 2017年5月16日
http://www.newsweekjapan.jp/stories/technology/2017/05/wannacry-nsams.php

もう、単なる「金目当」のサイバー攻撃のレベルをはるかに超えています。
「サイバーテロ」または「サイバー戦争」のレベルです。

※近未来の戦争を、分かりやすく暗示しています。
某アメリカの大統領が、気まぐれで某北朝鮮を威圧しました。某中国もそれに逆らえず、北朝鮮に圧力を加えました。それが悪いとは、言いません。
結果として発生したのが、今回の「大規模サイバー攻撃」です。
これが、さらに大々的に起こるのが、近未来のサイバー戦争です。今回のは、主にWindows XP をターゲットにしたものです。

現在、主流のOSをターゲットにしたら?  
それが、近未来に起きるかもしれないサイバー戦争です。
オンライン上の全てが、ストップしたり逆の作用をしたり。怖くないですか?
ごく簡単に言うと?
新幹線が暴走したり?
原発が暴走したり?

ほとんどのスマホが、作動しなくなったり?

※(あくまで、個人的には?)
某北朝鮮は、頑張ってる!と思います。
某大アメリカや某大中国に逆らい、いろんなことを出来る範囲でしています。独裁国家だから出来ることです。
自由選挙などある国では、絶対に不可能でしょう。

某韓国と、某北朝鮮を比較するなら?
どちらが、日本にとってより悪いのかは、明らかなような気がします。某北朝鮮を見ていると、戦前・戦中の日本がイメージされます。
「石油禁輸」で脅されている部分も、非常に似ています。
何が正しくて?何が悪いのか?
ほぼ、現在では理解不能です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年05月16日(火)19:04 ... | トップ | 2017年05月18日(木)19:31 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事