お餅が好き

いつも感謝の気持ちを忘れずに。

レミゼの世界に浸ろう

2017年06月17日 21時14分04秒 | my favorite
昔から行きたい行きたいと思っていた「レ・ミゼラブル」
ようやく観に行けました。

金曜日の昼公演。
土日にチケットが取れなかったから、午後休で帝劇へ。


レ・ミゼラブルは今年で日本上演30周年。


この日のジャン・バルジャンはヤン・ジュンモさんという
韓国のお方。


そしてコゼット役は我らがいくちゃん。
すごいところに名前を連ねてるなぁ。


こちらはポスターにも出てくるリトルコゼット。


よく見ると出演者の写真で作られております。
いくちゃん、めーっけ。



初めて観たレミゼ、感想としては観に来られてホント~に
良かったな、と。

19世紀初頭のフランス、混迷の時代に人はどう生きるのか?
貧困、正義、革命、そして愛。
重いテーマを抱えるミュージカル、重厚な雰囲気の始まり。
重厚だけど、たくさんの歌に乗せて流れる物語が心地よくて。
ズンズン響いてきました。

そんな中、中心的役割を担うコゼット役の生田絵梨花。
この子はやっぱりすごいわ。
堂々としているもの。
錚々たるメンバーの中ではまだまだの部分もありますが、
キラキラ感がハンパなかったもんね。
岩谷時子賞の奨励賞を受賞したのもナットク。
おめでとう!!

ずっと観たかったミュージカルをこういうタイミングで
観ることができたのもありがたかったなぁと。
ミュージカルの金字塔、誰もが知っているミュージカル。
うっかり、いくちゃんが出ない日のチケットを取ったときは
どうしようかと思いましたが、無事に観られて良かったです。

レミゼは初めてでも、知っている歌もチラホラと。
楽しい~~♪
やっぱり自分はミュージカルが好きなんだなぁと。
今回、お話の予習をしていなかったので、必死について
行きましたけどね。
良かった良かった。

そして今回はレミゼ日本上演30周年の節目。
今週はその30周年のスペシャルウィークということで
終演後に特別カーテンコールがありました。

鹿賀丈史、今井清隆、鳳蘭、等々、まさにスペシャルな
歴代キャストの皆さまが登場して、たくさんの歌と
これまでの思い出を聴かせてくれました。
やっぱりナマの舞台、いろんなことがあったんですねぇ。
とってもお得な回に来られたことが光栄でした。
そんな中にいくちゃんが一緒に歌ってるのも感慨深い。
坂元健児さんと並んで歌っていたのも微笑ましく。
良い時間を過ごさせてもらいましたわ。


30周年を祝して、サー・キャメロン・マッキントッシュ
から銀の燭台の贈り物。


10周年と


20周年のときのパネル。


浮かれて30周年のTシャツ買っちゃった。


そんなステキな金曜日の午後でした。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩貞の力が必要 | トップ | 気がつけば大敗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。