KGセミナー塾長の日記  大学受験と高校野球、生徒との生活を中心に。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

向陽高校、逆転勝利!

2017年07月16日 | スポーツ

  紀三井寺球場に夏の大会を見に行ってきました。向陽高校対和歌山商業。和歌山商業は春の大会の準優勝校。今大会のシード校に向陽が挑みました。

 向陽のエースは調子は良くなかったようです。序盤は、先頭打者を四球で出して苦しいピッチングでした。しかし、調子の悪い時にどこまで粘れるか。それがいい投手なのです。昨日は、最後まで粘りのピッチング。尻上がりに調子がよくなっていきました。

 3回、連打を浴びて2点を和歌山商業に先制されます。すべてクリーンヒット。向陽もヒットは打っているのですが、渋い感じのヒットでした。5回にチャンスを迎えましたが、相手の好守に阻まれます。しかしピンチをしのぎながら、何とか3回の2点だけにとどめていました。

 7回にチャンスが巡ってきました。3番打者の2年生の捕手のいい当たりのヒットで1点を取ります。次は4番打者。彼は向陽中学3年の時から私が教えている生徒です。これまでの3度の打席はすべて凡退。ただ3打席目、1塁ゴロを打った時、1塁手がベースを踏んでアウトになったのですが、1塁ベースまで全力疾走しました。ふつうは少し緩めてしまうのですが、最後まで全力疾走。

 それが4打席目につながったのでしょうか。いい当たりではありませんでしたが、三遊間に飛んだ打球に必死に走って内野安打に。1塁ベース上のホッとしている彼の姿を見て私もうれしかったです。その後1塁に飛んだ強い打球が1塁手を強襲し、さらにそのはねた打球を2塁手も取れず向陽が2点を取って逆転。

 終盤3回の和歌山商業の反撃を抑え込んで向陽が逆転勝利を収めました。1塁まで全力疾走することと、次の打席の内野安打は、何の関係もないかのしれません。しかしあのプレーがあったからこそ次のヒットが生まれたと考えたほうが、人生でも、丸い「ボール」がいい方向に転がっていけるような気がするのです。次の試合も楽しみです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やらされている練習ではダメ! | トップ | 智辯和歌山強い! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。