KGセミナー塾長の日記  大学受験と高校野球、生徒との生活を中心に。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

71歳、コーチ退団

2016年10月12日 | スポーツ

 おはようございます。プロ野球で、監督が代わると、それに従って、コーチ陣も刷新されることがある。監督が使いやすいコーチを呼んでくることもある。各球団のコーチ陣を見ても、随分若くなった。年配のコーチといえば、中日の打撃コーチに今年就任した68歳の加藤秀司さんぐらいだ。

 そんな中、ロッテの小谷正勝さんが球団に退団を申し入れた。小谷さんは、71歳。主に2軍コーチとして数々の投手を1軍に上げて、ご飯を食べられる選手に育ててきた。川崎憲次郎、三浦大輔、佐々木主浩、五十嵐亮太、内海哲也、山口鉄也なども含まれている。

 明石高校から國學院大學を経て、ドラフト1位で1968年大洋に入団。10年間の現役生活。その後大洋、ヤクルト、横浜、巨人、ロッテと投手コーチを務めてきた。

 最初は、「教えすぎた」そうだ。その後「聞き役」に回るようになる。「困っていることはないか」と聞くのが口癖だ。そして、「ここを直せば絶対によくなる」と確信できるときになって初めて、声をかける。選手はマウンドが勝負。コーチはグラウンドの外が勝負。

 71歳までコーチとしてずっとユニフォームを着続ける。プロ野球選手として何よりあこがれの存在だ。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卓球、すごい! | トップ | 鈴木尚広選手、引退 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。