門掛けのもみじ舞い散る冬支度

我が身に旅立ちの支度を教えているようで、寂しい景色です。
振り返ればいろんなことがありました。

小林よ 山尾絶賛 騙しても

2017-09-17 13:16:04 | seiji
国会議員は仕事が出来れば不倫など問題ではない。
それを監視し刺した週刊誌が悪い。
だが、大手週刊誌の何者も恐れぬ監視,指摘がなければ、
国会は政治屋の想いのままの乱舞場だ。

裁判になっても勝てる裏を取って、デスクは首を賭けている。
政治屋は何があっても木から堕ちない為に必死で掴まっている。

漫画家が天下に高らかにラッパを吹いた。
人間性や人格などは、国民に範を垂れ
選良なる国会議員には必用ではないとは。

自分の主観で気に入った人には甘い擁護宣言は、
客観的に通用するか。
たかが漫画家に失墜だ。

保育園落ちた 日本死ね!を取り上げ国会で追及したのが
よっぽどお気に入りのようで。

まず天から金が降らない限り、潤沢に保育園創り増やすことは
出来ない。 
代替え案を提示して言わなければただ現政府を非難し
引きずり下ろす意図しか視えないではないか。
資金をどこから出すのか。赤字国債はもう出来ない。

以前から言われている高齢者の擁護施設でも、
待機者が大勢居て出来なくても、見て見ぬふりして
目立つことしか言わないで日本死ねに喰らい付き
民進党全員の拍手喝采浴びたから偉くならしていいのか。
それを高く評価し幹事長に据えたかった
前原党首にも問題あり。

老人は 死んで下さい 孫の為 

とついでに言ってはどうか。

更に言えば、前原党首が幹事長打診して、
垂れ込み噂の身辺が大丈夫かと念を押したとき
何もないと隠し嘘を付いた。
これは人間として失格ではないのか。

自分に甘く、人には厳しい追及で赦さないスタンスは
ブーメランとなって
わが身に乱打されノックアウトになっても
当然の成り行きでそれを よし とすれば
いくらいい政治をやると吹いても、
狼少年のように誰も耳を貸さないだろう。

ニセメール事件では、民主党から見捨てられ
マンションから身投げした、
東大出の有意な民主党議員が居たが
よしのりさんは知らん振り。
山尾さんだったらよかったのにお気の毒でしたね。
音信不通で見殺しにしていた前原党首。
山尾さんも同じ運命を辿らないように切に祈ってます。

嘘ばれる 冷たい政治 明日はない


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経済が 第一なのは 誰の為 | トップ | 火が付いた 国の行く末 待... »

コメントを投稿

seiji」カテゴリの最新記事