門掛けのもみじ舞い散る冬支度

我が身に旅立ちの支度を教えているようで、寂しい景色です。
振り返ればいろんなことがありました。

安倍総理 聡太逆転 勝つ手乞え

2017-07-13 12:37:56 | Weblog
14歳の少年棋士に内閣総理大臣閣下が教えを乞えと言えば
かっかとお怒りは御尤も。

然るに、コツコツたゆみない努力の末、先輩強豪に打ち勝って、
全国民の注視の中にあって、マイクのメデイア対応は
奢ることなくあくまで謙虚な低姿勢、高き峰にトライする凛凛とした
大志は口だけではなく本物だった。

総理は最高権力の保持者である。
その権力を利用して砂糖に群がる蟻のように
ただ理念に共感の元ではなく
単なるおべっかをフル回転で忖度し、
すり寄った宦官を大臣に取り立てた
結果は国会で視るのも無残ではあった。

長く総理の座に居るのが悪いのでななく、猫の目のように変わるより
その方が国益が向上する利点は確かにある。
宦官に他に代わる人材はいないと煽てられいい気になって
忖度に裏打ちされ国民目線では
傲慢な総理に映ったのが致命傷だった。

憲法問題でも改正の大事な国益に関することには
大胆な決断があって欲しいのに、
なにか自衛隊を文言に入れる等のお茶を濁し、
変な斟酌しているのは小物に見える。

憲法改正は岸総理から受け継ぎ、長年培った安倍総理の
根本理念ではないか。
個人の利益ではなく国民の生死に関わること。
なにも遠慮することはない。
それを共産党のように拒否して、日本国滅亡させるほど
国民は「ばか~」ではない。

総理の「大志」を遂げる「今でしょう」と諫言したい。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政党は 暴力団の 巣窟か | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。