門掛けのもみじ舞い散る冬支度

我が身に旅立ちの支度を教えているようで、寂しい景色です。
振り返ればいろんなことがありました。

朕迷う 小学生か 代議士か

2017-03-20 11:58:25 | Weblog
代議士の責務は、大多数国民の幸せの為に、忖度し
絶えず降り懸かる内外の難問を論議し解決に汗を掻くことではないか。

然るに兄図らんや、日本国トップの汚点を探し、あったぞ!
詐欺師とグルになって騒ぎ、首を取ることしか頭にない。

瑞穂の国も本名瑞穂議員によって堕ちるとこまで堕ちた。

大事な問題山積の中で、最も優先して取り上げたのが、
籠池問題とは?小学生さえも驚いた。

日本国のトップを落すことが根本理念で、鬼の首取ったように
当代随一の国家転覆詐欺師の横ですり寄って、
針小棒大にメデイアにアピールしている。
ニイハオと喜んでいるのはお隣の自称大国だ。

天に向かって唾吐いたら、自らに落ち、その顔が見苦しい。
共産党も所詮政権奪取は出来ないから、忖度に重点置いた
詐欺師の思うまま自宅までいって、ふむふむ これはいけるぞ
手のひらで転がされ、罠に嵌っている。

忖度はあったか。こんな議員が居る限り、
詐欺師の思うツボであったのである。
もともと、籠池氏はそれを目指して、事の発端は教育勅語園児暗唱を広く公開し、
撒き餌ばら撒いて、園児を食い物に釣りをして、大物が掛かった。
その超大物を利用し、いかに忖度させるか。
最大限の悪知恵をフル回転、まんまと小物まで罠に落とし、
忖度はある次元まで成功させた。

だが、だんだんと罠に気が付き、政治家も官庁も引いたのは,
干潮のように自然の成り行きではあった。

渾身の策略で巧く騙した心算が、積み木崩しになったのを、
騙され初めにそれに乗ったのが悪い。
悪の根源に根差した詐欺師らしい言い分には呆れた。

もう、寄付を続けるのは、偏見、独断のデビ夫人位しか居ない。
すべてがザーエンド。
あらゆる非行の責任はしっかり負って、池に堕ち、
あの人は今、メデイアの餌食となって何年かのち
ヤバイ悲惨な姿をフォーカスされるだろう。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弱き老 軽くだました NPO | トップ | 東京に 市場集中 あきまへん »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。