関東フットサルリーグ2部試合レポート

関東フットサルリーグ2部OFFICIAL BLOG

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【第9節第5試合】malva ibaraki fc vs FUTURO

2014年08月18日 20時29分48秒 | photo report

関東フットサルリーグ2部第9節

 

malva ibaraki fc 2-2 FUTURO

前半 1-0

後半 1-2

 

【得点経過】

17分 劔重(マルバ)

21分 島崎(FUTURO)

29分 島崎(FUTURO)

30分 相田(マルバ)

 

【シュート数】

マルバ 38本(前半14本、後半24本)

FUTURO 20本(前半10、後半10本)

 

【個人シュート】

マルバ 劔重8、相田7、山崎6、鈴木4、岡田3、根本3、石川3、塩澤2、緑川1、八代1

FUTURO 島崎8、鈴木5、濱野4、上條1、碓井1、松田1

 

【累積ファール】

マルバ 前半5、後半5

FUTURO 前半3、後半5

 

【警告】

7分 中野(FUTURO)反スポーツ

13分 碓井(FUTURO)ラフ

27分 田畑(FUTURO)繰返違反

36分 相田(マルバ)異議

36分 碓井(FUTURO)ラフ

38分 劔重(マルバ)反スポーツ

 

【退場】

36分 碓井(FUTURO)警告2回

 

【試合レポート】

共に1敗で首位デルミリオーレクラウド群馬を追いかける2チームの対戦は痛みわけに終わった。

 

試合は両チームの気持ちが現れるような試合展開。両チームとも一歩も引かずまさに一進一退。チャンスは作るがあと1歩のところでディフェンスが足を出して決定機を作らせない。試合が動いたのは17分。マルバ劒重が前線で粘り倒れこみながらシュート。これがゴールラインを割りマルバが先制して前半を折り返す。

 

負けると昇格が遠のくFUTUROは後半開始2分、左の濱野から中央の島崎が流し込み同点に追い付く。さらにその7分後、再び島崎の中央で持ち出してからのシュートが決まりFUTUROが逆転に成功する。勢いに乗りたいFUTUROだったが1分後、マルバ相田にゴールを決められ試合は振り出しに。白熱した試合はFUTUROが退場者を出しマルバに第2PKが与えられるなど、両者にチャンスが訪れるが決めきれず上位対決は痛みわけに終わった。

 

マルバは自分たちの力を十分に発揮できた試合だと思う。攻撃に関しても守備に関しても上位にいることを改めて確認できた試合だった。昇格するにはもう1試合も落とせないが、どのような戦いを見せるのか。

 

FUTUROにとっては、もったいない試合となってしまった。1点ビハインドからの逆転直後に同点弾を決められてしまう。一瞬の気の緩みがあったか。しかし、マルバ同様実力は確かなものだ。次節は同じ昇格を目指すコロナ権田との対戦。今節同様、昇格に直接的に関わる試合なので白熱した試合が期待される。

 

FUTURO島崎選手

FUTUROの攻撃はこの選手から始まる。この試合の2得点にも現れているようにFUTUROには欠かせない選手だ。


この記事をはてなブックマークに追加