爺の社会科見学

年金生活5年目に突入。好きな地理と写真を生かした、一味違ったブログを目指して。

梅を楽しむ亀戸散策

2017-02-24 09:33:42 | 日記
退職者の会の幹事Mさんが梅の観賞と供に寺社巡りのコースを選んでくれた。
亀戸の由来は亀ヶ井という古い井戸があったとか、この地が亀に似た島だったからと言う。江戸時代は、寺社、下屋敷、田畑の地域であった。畑では大根が有名で、江戸市中へ「亀戸大根」として出荷していた。降りた駅が東武亀戸線「亀戸水神駅」で都内とは思えない駅構えで、街そのものが昭和で止まったような感じである。
亀戸水神宮は、駅名にもなっているので大きい神社かと思ったら、交番裏の小さい神社であった。創建年代は、はっきりしないが古地図には載っていたようで、水害から免れるために建立された。


亀戸水神宮から5分ぐらいの所に常光寺がある、珍しい形の本堂があり、境内にはこれまた珍しい石仏や江戸時代に流行った江戸六阿弥陀如来詣での阿弥陀如来道道標があり、亀戸七福神の寿老人を祀っている。


亀戸七福神の弁財天を祀っている東覚寺に行く途中に石井神社があった、何とも神社らしからぬ神社名である、俗に「おしゃもじ稲荷」とも言われ、咳の病を治すとの信仰があり、「しゃもじ」を借りて自宅で拝み治れば新しい「しゃもじ」を添えて返却する。ご神体が石棒で石神(せきしん)と呼び「せき」が咳に通じることから言われている。境内には「しゃもじ」が2本置いてありました。
東覚寺は、七福神の弁財天を祀っているがお堂が入って右手にあり。入口には道標が建立されていた。


東覚寺を出て明治通り沿いに香取神社がある。藤原鎌足が太刀一振りを納めて旅の無事祈願をしたのが起源という、江東区最古の神社で、スポーツなど勝負事の信仰を集めている。




香取神社を出て隣の龍光寺に立ち寄る、もう11時を過ぎMさんの案内ハガキに割烹升本の事を書いていたので早速に入る。明治38年に酒屋として創業し現在は亀戸大根とあさりの料理で人気がある。私たちは限定10食の料理を注文し美味しく頂きました。八百屋ではほとんど見ない亀戸大根は、今、見かける大根より小ぶりで、明治時代頃までは一般的だったようだ、ビタミンCが通常の大根の10倍もあるそうだ。




食事の後、亀戸天神に。江戸時代の古地図にも表記されている有名な神社で富岡八幡宮と並ぶ江戸の観光名所となり、文人墨客が訪れている。菅原道真が祀られており、学問の神様として信仰を集め、歌碑など数多く残されている。訪ねたときは梅が綺麗に咲き誇ろんでいたが、藤棚もあり安藤広重の「江戸名所百景」にも描かれている。




亀戸天神の隣にあたる所に普門院がある。この地で創立ではないが現地に移転するときに梵鐘が隅田川に沈んだ、そこが鐘ヶ淵という地名の由来となったと言われるが、どうなんだろう?。墓地には「野菊の墓」で知られる「伊藤左千夫」のお墓があった。このお寺は、毘沙門天が祀られている。


普門院を出て、次にいく、梅屋敷伏見稲荷神社は裏路地にひっそりとありました。昔はこんなではなかったのだろう、梅屋敷として栄え屋敷神である。梅屋敷の面影は今はないが唯一この神社が残っているのと、近所に梅屋敷跡の碑があるだけだ。さらに北にむかうと祐天堂がある。祐天堂はお寺かと思ったが北十間川の川岸にあるお堂であった。浄土宗の名僧祐天上人がこの地で引き上げられた死人を読経回向したことを、土地の人々が遺徳を偲びお堂を建てた。祐天は、目黒の祐天寺を開山した名僧で諸国を行脚し教化した。


亀戸散策も終わりに近づき、天祖神社と龍眼寺と回る。天祖神社は、龍眼寺と供に創建さたと言われている、亀戸七福神の福禄寿の神社として、また、パワースポットの神社として人気が出てきた。隣の龍眼寺は、萩寺として有名で、布袋尊が祀られている。境内は整備が行き届いており、芭蕉の句碑などが残されている。




亀戸駅に向かう途中、船橋屋本店(1805年創業・くず餅の老舗)で一休み、高齢者団体には甘い物のエネルギー補給も必要である。春一番の中、帽子を押さえながらの散策の時もあったが、梅三昧と美食の一日であった。

【その他のPhoto】



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 城下町の近代化 ~絵図から... | トップ | 東京都水道歴史館見学と講演... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事