個性を大事に育てることに賛成!な日記

62才になりました。
元気すぎる孫達に癒されてます。

いつものように・・・

2017年05月06日 09時38分45秒 | アマリリス

アマリリスは、毎日交配・・・

うまくいくと花弁が萎れます。

中心が白いと和風を感じますね・・・

5月出荷用のペチュニア・・・

このままじゃ形が悪い・・・

ピンチして追肥・・・間隔も広げて・・・

連休中に作業終了・・・

明日は、海辺へ・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好み色々 | トップ | 現実になるのか? »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KAMOME)
2017-05-14 21:49:22
こんにちは。
アマリリス入手できて、良かったです。
ありがとうございました。
本日開花しましたが、花は大きく、美しいですね!
地植え可能とのことで、楽しみです。

私の地元でも、在来系品種を庭先でよく見かけます。
古い園芸書籍に載っていた、赤系の『源兵衛赤』や、白に赤絞りの『更紗』に似ています。
80年ほど前からあるとのことで、丈夫で球根増殖率も良いようです。
何気に眺めていて、アマリリスの歴史を感じます。
KAMOMEさんへ (博多の華)
2017-05-14 23:49:23
未開花の球根だったので心配してましたが、
喜んでいただけたようで安心しました。

花の大きさは大きいほうが優性に遺伝するようで、片親の剣弁種〔源平赤〕が現れる事は、まれです。
新しい品種をお持ちなら交配にチャレンジしてください。
種の寿命は短いので出来たらすぐに蒔きます。
3年目くらいから開花が望めます。
さっそく (KAMOME)
2017-05-15 19:25:24
こんにちは。
アドバイスありがとうございます。

早速ですが、開花していた手持ちの大輪品種と、在来系を使って正逆交配してみました。
早いものは花弁が少し萎れてきました。
夢が広がります。

他の大輪品種とも交配してみたいと思い園芸店で球根探しに行きましたが、どこも球根は販売が終わっており、大手の通販でギリギリセーフで注文できました。
海外の大輪品種は、花弁もやや厚いですね。
品種によっては甘い香りがするものもありますね。

アマリリスは100年以上前から日本に導入されていますが、古い園芸書で色々調べてみると品種改良の歴史もおもしろそうです。
KAMOMEさんへ (博多の華)
2017-05-15 19:48:43
最新の品種は、縁遠くて知りませんが球根生産は、おそらく南アフリカじゃないかな〔想像〕

我が家の元親は、40年ちょっと前に園芸試験場から花粉をもらって交配したものです。
咲いた花から推察するとレッドライオンの花粉だったのじゃないかなと思います。
我が家由来の品種と最新品種との交配で新たなアマリリスは、良い結果が出る確率が高そうです。
楽しまれてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL