blue sky diary

キミーです。子育てと仕事、時々趣味の何気ない日々の日記です。
ご訪問いただけたら嬉しいです。

2016年、大晦日・・・謎の少年に遭遇

2016-12-31 23:32:34 | 日記

朝ごはんはお雑煮でした。

私は夕べ飲んでしまったせいか、眠くて遅く起きてしまいました。

なので朝は大忙し!

洗濯機を回しつつ、自分の身支度をして、みんなのお雑煮を作り、それだけで時間が過ぎてしまいました。

妹の子どもたちに、一足早いお年玉をあげて、ゆっくり話をする暇も無く、仕事に出掛けました。

妹一家へのお土産は、両親と夫にお任せしてきました。

 

仕事の方は、お客さんの入りも上々で忙しかったです。

合間に、ギフトの包装を延々して、飽きてしまいました(笑)

20分ほど残業になり帰りになりました。

お昼も食べずに3時をまわったので、とりあえずケンタッキーに寄りました。

チキンフィレサンドセットを抱えてパン屋さんの前のテーブルに着くと、一人で食べ始めました。

目の前のパン屋さんは、お客さんで賑わっていたのですが、そこへ小学校四年生くらいの男の子が両親とともにやってきました。

お母さんは30歳くらいだったでしょうか。

トレイとトングを持ってパンを選んでいました。

お父さんと男の子は、その周りを肩を組んでうろうろしていました。

お父さんはずっと年上で、40代後半か、私より年上に見えました。

そのうち男の子が一人でうろうろし始め、私の方をじっと見るようになりました。

そして、近付いて来たり、パン屋さんのほうに戻ったりしています。

お母さんはずっと後姿しか見えませんし、お父さんも特別、男の子を呼び戻そうともしていません。

それでなのか、男の子は、何度も私の方に来て、そのたびに近づいて来ます。

なんかやだなやだなと思っていると、とうとう私のテーブルを除き込み、えっと思う間もなく、フライドポテトのテーブルに落ちているかけらを取って、さっとお父さんのところへ戻っていきました。

私がびっくりして見ていると、お父さんのほうと目が合ったのですが、何も言われませんでした。

男の子は何かお父さんに言って、私のテーブルから持って行ったフライドポテトのかけらを食べていました。

よほど食べたいと見えて、男の子はまたやってきました。

もう、私の前で、横取りしたそうな雰囲気です。

なので、私の方からフライドポテトを袋ごと差し出して、

「食べる?」

って言ってみたんです。

すると男の子はすぐに手を出して、全部持って行くかなと思っていたのですが、一本だけ取ってすぐに口に入れました。

その瞬間、お父さんがやって来て、

「すみません、すみません、すみません!」

と言いながら、男の子を押さえるようにしました。

「すみません、出さなくていいんです」

とかなんとか言っていたと思います。

私は、

「食べたそうにしてたから・・・別にいいですよ」

って言ったんです。

お父さんはすまなさそうに男の子を抱えるようにして、お母さんのほうに戻って行きました。

私ももう帰ろうと思い、ごみを集めました。

するとそこへ、パンのお会計を終わらせたお母さんがやってきて、

「うちの子がご迷惑をおかけしました。これお詫びに・・・どうぞ」

って、ぱんを一つくれたんです。

驚いて、

「え!?もらえませんよ!」

と言いつつ私は立ち上がって、お返ししようとしたんです。

でもお母さんは、「ご迷惑おかけしました」と言って、受け取らずに行ってしまいました。

私にではなく、息子さんに食べさせてあげてください!って、出かかったんですけど、言いませんでした。

そういうことではないんだろうなあ。

優しそうな両親だったから、この子はちゃんと食べてはいるだろう。

見かけは普通だったし、健康そうだったし。

もしかしたら、フライドポテトが大好物だったのかもしれない。

ジャンクフードは身体に悪いからって、あまり食べないお家だったのかもしれない。

そうかもしれないし、違うかもしれない。

ただ言えることは、食べたいものが目の前にあると、我慢できないくらい精神の弱い子どもであることは確かだろう。

精神に何らかの障害があるような感じだった。

両親も大変だなあと思う。

でも、どうして私のテーブルだったのかな?

他にも何人もいたのに。

そこは謎です。

そして、この子は本当はどうしたかったのだろう?

フライドポテト、もっと食べたかったのかな?

もう解りませんが。

 

帰ってからは、さっそく年越し蕎麦の用意です。

今年も、蕎麦打ち名人が持って来てくれた蕎麦と、子どもたちが義兄たちと一緒に打った蕎麦を茹でました。

蕎麦打ち名人は、黒い蕎麦と白い蕎麦を作って持って来てくれたので、子どもたちが作ったのと3種類味わうことができました。

コストコで買って来た大きな赤エビを天ぷらにして、乗せました。

天ぷらの衣は、薄力粉をビールで溶いて揚げたので、サクサクのフリッターみたいな衣に揚がって、大好評でした。

薬味は、ネギと、ゆずの皮を刻んだもので、美味しかったです。

夫も「うまかった」って言うので、

「それは良かったね」

って言ったんです。

そしたら、

「蕎麦がだよ!」

って憎まれ口きくので、

「おつゆが美味しくなかったら、蕎麦だってまずいでしょ!」

って言ってやりました。

「はい、その通りです。おつゆも天ぷらも美味しかったです」

って、最後は認めました(笑)

 

今年もいろいろありましたが、なんとか無事に過ごせました。

来年は忙しくなりそうです。

申年もあと30分ほどで終わりです。

みなさま、良いお年を。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妹の帰省・・・2016年末 | トップ | 2017年元旦・・・サービス業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。