What Me Worry? カーモデル製作記

気の向くままに、のんびりと

バタフライ・エフェクト(映画:2004)

2016年12月31日 13時37分45秒 | 映画
わざと選んだんじゃないんですが、これもだいぶ前に途中まで見てました。
前半はちょっと厳しいシーンが多くてギブアップしちゃったんだな。
(今回も見始めるまでは忘れてました)

でも、主人公のエヴァンが過去に戻る辺りからグッと面白くなってきます。
自分の容姿にも変化が現れるのはリアルですね。
タイトルにある通り、ちょっとした選択肢を変えるだけでガラッと変わってしまう。
これが実際にあったら相当混乱するだろうな。

「あの時こうしていたら」っていうのは誰でも思うこと。
やり直せたらどんなに良いか。でも、そうじゃないんだね。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の時は毎回同じ過去にリセットされたけれど、
こちらは一旦過去に戻って自分(未来)を変えるという手法。
しかも想定していたのとは違う変化しちゃうから、恐ろしいね。

過去に戻るというと「過去の自分」と会わないように苦労するパターンが多い。
これが辻褄あってなかったりするんだよね。
そこを「過去の自分に戻る」という方法でクリアしている。これは上手い。

あと、物語と関係なく感心したのは、登場人物の成長がうまく描かれていること。
7歳と13歳のシーンがあるんだけど、よくこんなに似た子役集めたね。
さらに大人になってもトミーとレニーはそのまんま。
ヒロインのケイリーが雰囲気変わっちゃったのは残念だったな。大事なのに。

またトミーの悪ガキっぷりが抜群。外国映画の子役ってすごいよね。
本気で憎たらしいもんなあ。(タバコや暴力など、日本では無理ね)

先がどうなるのかをドキドキさせつつ、うまくラストはまとまってます。
昨日見たコンテイジョンとはえらい違い(笑)

上手くまとまりすぎていたので、特典映像に入っていた「別バージョンのラスト」に期待したのですが、本当にラストのワンカットのみ。肩すかしでした。残念。

セルDVDには全く別のラストとなるバージョンがあるらしいので、観てみたいな。

(ジャンル:映画) 2016年:(45)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンテイジョン(映画:2011) | トップ | 2016年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事