Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

映画『聲の形』

2016年09月19日 | 映画
この作品は、元ガキ大将の主人公と聴覚障害があるヒロインの切ない青春を描いた大今良時のコミックを基に、『けいおん』シリーズなどの山田尚子監督が手掛けたアニメーション。
主人公の少年が転校生の少女とのある出来事を機に孤立していく小学生時代、そして高校生になった彼らの再会を映し出す。
アニメーション制作を京都アニメーション、脚本を『ガールズ&パンツァー』シリーズなどの吉田玲子が担当。ボイスキャストには入野自由と早見沙織らが名を連ねる。


西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈から逃れる。しかし、硝子とのある出来事のために将也は孤立し、心を閉ざす。5年後、高校生になった将也は、硝子のもとを訪れることにし…。


この作品でも『君の名は。』
と同じく岐阜県を舞台に描かれたアニメーション映画。ちなみにこの作品の舞台になったのは岐阜県大垣市で原作の作者が大垣市出身。
『君の名は。』も良かったですが、この作品の方がストーリー展開が上手く構成されているように感じました。
キャラの一人一人が確立されているのも良いですし、セリフの一つ一つを大事にしながら映像化されていることが伝わってくる作品でした。
ストーリーは違うものの、『心が叫びたがってるんだ。』の雰囲気に似ていると感じました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『レッドタートル ある島... | トップ | 映画『君の名は 第1部』(1953年) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事