Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

映画『何者』

2016年10月17日 | 映画
この作品は、『桐島、部活やめるってよ』の原作者である朝井リョウの直木賞受賞作を、演劇ユニット『ポツドール』を主宰する『愛の渦』などの三浦大輔が映画化。
就職活動対策のため集まった5人の大学生が、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする本音や自意識によって彼らの関係性が変わっていくさまを描く。
就職活動を通じて自分が何者かを模索する学生たちには佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生といった面々がそろい、リアルな就活バトルを繰り広げる。


就職活動の情報交換のため集まった大学生の拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。海外ボランティアの経験や業界の人脈などさまざまな手段を用いて、就活に臨んでいた。自分が何者かを模索する彼らはそれぞれの思いや悩みをSNSで発信するが、いつしか互いに嫌悪感や苛立ちを覚えるようになる。そしてついに内定を決めた人物が出てくると、抑えられていた嫉妬や本音が噴きだし…。


個人的にはキャストも良くストーリーも面白く楽しめましたが、SNSに馴染みのない人や世代にはイマイチ理解、共感できない作品だと思います。
SNSに依存する若者、人からの評価が気になって仕方ない若者、自分を優れた人間だと思っている若者たちが描かれている為、SNSを利用している若者世代など限られた層にしか共感できないだろうし、楽しめないと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『GANTZ:O』 | トップ | ドラマ『いつかこの恋を思い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL