Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

映画『のぞきめ』(2016年)

2016年10月15日 | 映画(DVD)
この作品は、『刀城言耶』シリーズなどの推理小説家・三津田信三の著書を基に、元AKB48の板野友美が怪死事件を取材する役で初主演を果たしたホラー。
過去と現在の二つの時代を背景に、窓やカーテンの隙間などから視線を投げる“のぞきめ”の事件の真相を主人公が追う姿を描く。
メガホンを取るのは、『トリハダ -劇場版-』シリーズなどの三木康一郎。


テレビ局でアシスタントディレクターをしている三嶋彩乃は、ある青年の怪死事件を取材することに。異様な死に方をした青年の死を、彼の恋人は「“のぞきめ”の仕業だ」と発言。青年の大学のサークル仲間も山奥の合宿に行って以来、何者かにのぞかれているように感じており、のぞきめの悲劇が続いていた。そして、彩乃の身にものぞきめの恐怖が迫りくる。


ストーリー自体はよく出来ていて面白いし、ホラー映画として十分楽しめますが、主演の板野友美の演技が酷すぎる。
映画『劇場霊』の時にも感じたことですが、話題性重視で主演に元アイドルを起用するのは辞めてほしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アニメ『デトロイト・メタル... | トップ | 映画『MIRACLE デビクロくん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL