Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

映画『リング2』(1999年)

2016年12月24日 | 映画(DVD)
この作品は、不遇の死を遂げた少女・貞子の怨念が乗り移った呪いのビデオが巻き起こす恐怖を描き、前年に大ヒットを記録したモダン・ホラー『リング』の続編。
監督は『リング』の中田秀夫。撮影を『岸和田少年愚連隊 望郷』の山本英夫が担当している。
鈴木光司の原作を基に、『新生 トイレの花子さん』の高橋洋が劇場用にオリジナル脚本を執筆。
主演は『らせん』の中谷美紀。


「見たら死ぬ、呪いのビデオ」。リング事件から一週間。30年間誰も開けることがなかった井戸から見つかった貞子の遺体は、解剖の結果、死後1~2年であった。つまり、貞子は井戸の中で30年近く生きていたということである。一方、変死した高山竜司の恋人・高野舞は事件の真相を調べようとする。


調べてみると『リング』には原作、映画版ともに正規の続編『らせん』が存在しますが、本作は『らせん』とは異なる展開となっています。
この作品は前作を観ていないと分からなし、雰囲気は十分に引き継がれていますが、こじつけ感が否めません。
確かに怖いですが、上記のこともあり前作に比べて怖さが足りない気がします。


【関連記事】
映画『リング』(1998年)
映画『らせん』(1998年)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『リング』(1998年) | トップ | 映画『らせん』(1998年) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(DVD)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL