Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(2002年・全26話)

2017年03月17日 | アニメ
この作品は、2002年にスカパーのパーフェクト・チョイスにて初めて放送され、アニメ作品として以降シリーズ化されています。
原作漫画『攻殻機動隊』や押井守による映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』とは、時代設定や主人公草薙素子を含む登場キャラクターの設定、ストーリーを始め多くの相違点があり、本作は第三の『攻殻機動隊』とも言われています。
監督には押井塾出身の神山健治。アニメーション制作は映画版同様、Production I.G。
音楽には菅野よう子。そして原作者である士郎正宗もプロットを書き起こし、タチコマのデザインを行っている。


西暦2030年、電脳化が一般化され情報ネットワークが高度化する中で、光や電子として駆け巡る意思を一方向に集中させたとしても、「孤人」が複合体としての「個」となるまでには情報化されていない時代。複雑化する犯罪に対抗するため、内務省直属の独立防諜部隊として設立された「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描く。サイバー犯罪の捜査やテロリズムの抑止・検挙、要人警護、汚職摘発など極秘裏な任務は多岐にわたるが、遂行していくうちにある一つの事件が浮かび上がっていく。


各話のサブタイトル
1話『公安9課 SECTION-9』
2話『暴走の証明 TESTATION』
3話『ささやかな反乱 ANDROID AND I』
4話『視覚素子は笑う INTERCEPTER』
5話『マネキドリは謡う DECOY』
6話『模倣者は踊る MEME』
7話『偶像崇拝 IDOLATER』
8話『恵まれし者たち MISSING HEARTS』
9話『ネットの闇に棲む男 CHAT! CHAT! CHAT!』
10話『密林航路にうってつけの日 JUNGLE CRUISE』
11話『亜成虫の森で PORTRAITZ』
12話『タチコマの家出 映画監督の夢 ESCAPE FROM』
13話『≠テロリスト NOT EQUAL』
14話『全自動資本主義 ¥€$』
15話『機械たちの時間 MACHINES DESIRANTES』
16話『心の隙間 Ag2O』
17話『未完成ラブロマンスの真相 ANGELS' SHARE』
18話『暗殺の二重奏 LOST HERITAGE』
19話『偽装網に抱かれて CAPTIVATED』
20話『消された薬 RE-VIEW』
21話『置き去りの軌跡 ERASER』
22話『疑獄 SCANDAL』
23話『善悪の彼岸 EQUINOX』
24話『孤城落日 ANNIHILATION』
25話『硝煙弾雨 BARRAGE』
26話『公安9課、再び STAND ALONE COMPLEX』


4月7日に公開される『ゴースト・イン・ザ・シェル』は、士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの傑作『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』が基になっていますが、劇場版を観る前にまずはこのテレビアニメ版を鑑賞することに。
原作のマンガも読んだ事も無いし、アニメもタイトルは知っていたものの、観た事が無かったので少し難しそうでストーリーについて行けるか不安でしたが、なかなか面白く楽しめました。
ストーリーや設定は全く違いますが、『カウボーイビバップ』が好きな人なら、この作品もかなり楽しめると思います。
あと音楽を菅野よう子が担当している為、かなり出来がいいと思います。
これから続編を観ていこうと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『はやぶさ/HAYABUSA』(2... | トップ | 映画『3月のライオン』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL