Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

映画『ミュージアム』(2016年)

2017年04月19日 | 映画(DVD)
この作品は、『ヤングマガジン』連載の巴亮介のサイコスリラー漫画を実写映画化。
現場に謎めいたメモを残し雨の日にだけ残忍な猟奇殺人を繰り返すカエル男と、妻子をカエル男に狙われた刑事の攻防をスリリングに描き出す。
原作の持つ迫りくるような恐怖と絶望感を表現するのは、『ハゲタカ』や『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。
犯人を追ううちに極限状態に追い込まれていく主人公を、『信長協奏曲』シリーズなどの小栗旬が熱演する。


現場に謎のメモが残される猟奇殺人事件が矢継ぎ早に発生するが、その事件は雨が降る日のみ起こっていた。一連の事件の関連性を察知した沢村久志刑事は、自分の妻子が狙われていることを知る。やがて、カエルのマスクをかぶったカエル男の存在が浮かび上がり、犯人に近づいていく沢村だったが、カエル男の仕組んだわなにはめられ窮地に陥り…。


『ミュージアム -序章-』を観た限りではあまり期待できないかと思っていましたが、結構面白い。
主演の小栗旬もいい演技だったと思いますが、それ以上に妻夫木聡の猟奇的な殺人犯の役を演じきっていて素晴らしいとしか言いようがないと思います。
直接的な描写はあまりないもののかなり残虐に近い描写もあり、苦手な人には受け付けない部分もあるかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ『ミュージアム -序章-... | トップ | 映画『パシフィック・リム』(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL