Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

映画『パシフィック・リム』(2013年)

2017年04月20日 | 映画(DVD)
この作品は、『ヘルボーイ』シリーズなどの鬼才ギレルモ・デル・トロが放つSFアクション。
世界各国を襲撃する謎の巨大生命体を倒すべく、人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの姿を壮大なスケールで活写する。
『ザ・レッジ -12時の死刑台-』のチャーリー・ハナム、『バベル』の菊地凛子、『ヘルボーイ』シリーズのロン・パールマンらが出演。
さらに、子役の芦田愛菜がハリウッド作初出演を果たす。
最先端VFXを駆使した生命体とのバトル描写に加え、細部まで作り込まれたイェーガーの設定なども見逃せない。


2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。


設定や世界観は結構シンプルで分かり易く、それなりに面白い。
『トランスフォーマー』シリーズを観た事が無いので比較できませんが、良くも悪くも日本の特撮、怪獣、ロボットアニメなどをひとまとめにしてハリウッド映画化しただけと言った印象。
というのも、ストーリー性やドラマ性が弱くただただハリウッド映画化し、VFXなどを駆使したすごい映像技術を楽しむ作品の様に感じました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『ミュージアム』(2016年) | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL