Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

映画『忍道 -SHINOBIDO-』(2012年)

2017年05月03日 | 映画(DVD)
この作品は、平和な時代が来たために排除されることになった忍の一族が、家族や友人、自分たちの里を守るために戦う時代劇アクション。
テーマパーク『EDO WONDERLAND 日光江戸村』開園25周年記念として製作され、『子猫の涙』『女の子ものがたり』の森岡利行がメガホンを取る。
冷徹な女忍であるが敵にほのかな恋心を抱くヒロイン役で、『蝉しぐれ』『電人ザボーガー』などの佐津川愛美が見事な殺陣と繊細な表現力を披露。
ほかに、『ラスト サムライ』のユキリョウイチやAKB48の菊地あやか、黒沢年雄、長谷川初範などが共演。火花散るし烈なアクションに息をのむ。


忍の壊滅を企てる黒羽衆の情報を収集するため、偵察を命じられた女忍のお甲。町の見回り役に成り済ます黒羽衆の侍、東五郎をお甲は見張っていたが、やがてお甲と東五郎は思いを寄せ合うようになる。しかし、任務を遂行せねばならないお甲は、族長の鳥八に東五郎の殺害を誓うが…。


7月1日に公開予定の『忍びの国』を観に行く前に『伊賀の乱 拘束』と一緒にレンタルしてきた作品。
うーん、全体的にストーリーに説得力もリアリティもなく面白味に欠けていて、さらには殺陣のシーンも大して見応えがない。
『伊賀の乱 拘束』に続いてこの作品も物足りない、期待ハズレな作品でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『hide 50th anniversary... | トップ | 長良川球場『中日ドラゴンズ×... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL