Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

ドラマ『ミュージアム -序章-』(2016年)

2017年04月19日 | ドラマ
この作品は、小栗旬が主演を務め、妻夫木聡が快楽殺人犯・カエル男役に挑んだ衝撃のノンストップ・スリラー・エンターテイメント映画『ミュージアム』のアナザーストーリー。
2016年11月の『ミュージアム』公開に先立ち、WOWOWメンバーズオンデマンドやGyao!にて配信されたほか、WOWOWにてテレビ放送された作品。
史上最悪の殺人アーティスト・カエル男が仕掛けたもう一つの事件“親子愛の刑”を、新たなスタッフ・キャストを迎えて描いている。


主人公は、様々な殺人事件を取材するジャーナリスト・九堂仁。3年前の「幼女樹脂詰め殺人事件」に冤罪見解を持ち、取材に奔走する日々を過ごす彼は、ある晩、取材中に突然背後から現れたカエルマスクの男にメモを渡される。そこには「事件の秘密を教える。自宅に戻れ」の文言が。急いで帰宅すると、いるはずの娘・伊織がいない。伊織の机上には「これをつけろ」というメモと共に見知らぬ携帯とイヤホン。訳も分からず装着し電話に出ると、画面には拘束された娘と先ほどのカエル男が…。


本編の『ミュージアム』を公開当時に観に行きたかったんですが、都合が悪く観に行けず終い。
レンタルも開始され、この作品も一緒にレンタルされていたのでついでに借りてきました。
このような作品だと『アイアムアヒーロー はじまりの日』もそうでしたが、1つの作品として面白みに欠けていて本編を観る前にわざわざ観ておく必要性もないほどの出来。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『シン・ゴジラ』(2016年... | トップ | 映画『ミュージアム』(2016年) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL