キューピーヘアーのたらたら日記

ガンバレ日本!!!TB&コメント大歓迎♪

パンズ・ラビリンス

2008-05-14 19:59:05 | は行の映画
こんな高貴な映画、キューピーが記事に取り上げることだけでさえ

不快に思われる方もいらっしゃることだろう。


お話は地中にある嘘も苦痛も無い魔法の王国の王女が、

地上の世界で試練を乗り越え、また王国に帰っていくという内容。

ってか、あんさん結末だけばらしちゃって、逆じゃ~ん。

スペインの歴史に疎いんだけど、1944年ごろは大変だったんだなあ

と知った。


☆-----明日も早いんで記事をはしょる(実は考えがまとまんない)

若い頃、死とは一切の無、永遠のシャットダウンだと信じて疑わなかった。

それが、年をとるとそれ以外の何かがあるような気がしてきたのだから

人生って面白いね~。

といっても、決して自・殺をそそのかしているわけじゃないですよ。

死に至るまでには、それなりに試練を乗り越えなくてはいけません。

そうじゃなきゃ、

赤ん坊のときに死ぬと、賽の河原で永遠に石ころ積みをしなきゃなんないっていうでしょ。

それですよ、それ、そこの死にそうなあなた!

今にいいことあるって!まだ、早すぎるよっ!



昨日、口裂け女の記事を書いたら、今日、口裂け男が出てきた。

ミニシンクロニシティみーつけた。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 床屋 | トップ | クローズ ZERO »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2008-05-16 11:36:16
昨日の記事でキューピーさんがトランクス愛用者だということが分かったミチでございます。
うちの男性たちは最近はボクサーショーツの方が好みのようです。

お気楽で能天気な私はいままで一度も死を真剣に感じた事がないのです。
輪廻転生、全くの無、お花畑、賽の河原、何が待ち受けているのかは全然分からないけれど、分からないだけにやっぱり怖い。
でも、「無」ではないような気がする~。
ミチさん♪ (キューピー)
2008-05-16 17:41:04
そうなんすか、
時代はもはやボクサーショーツですか?

とゆーわけで、早速ショッピングモール(ベル)へ行って調査してまいりました。ところで、ボクサーショーツってどんなもんをいうんですか?キューピーのイメージだと、ブリーフの裾長系?(キューピーは子供の頃からいまだに衣類はお袋の買ってきたものですましている。)
売り場に行くといろんなタイプのショーツが置いてあって、どれが正真正銘のボクサーショーツなのやら?僕のイメージするボクサーショーツはあるにはあったが、色が黒、グレー、白の三色柄なしで、ちっともお洒落じゃない。値段も1,500円前後と、トランクスの3倍はする。あれこれ悩んだ挙句、ボクサーと書かれた棚にあった迷彩柄のショーツを買って帰って、家でよく見たらただのブリーフだった。「思ったのと違ってました。」と返品したいが、試着したんじゃないか?って思われると、物だけに返品しずらい。仕事にはいてって、更衣室であの人はブリーフ派なんだと思われるのも嫌だ。ヤダ、ヤダ、絶対ヤダ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
パンズ・ラビリンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  既にご覧になられた方の間では、...
映画 【パンズ・ラビリンス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「パンズ・ラビリンス」 ギレルモ・デル・トロ監督による、アカデミー賞3部門受賞のダーク・ファンタジー。 おはなし:1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい...
パンズ・ラビリンス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1944年、スペイン。 内戦終結後も、フランコ政権の圧政に反発する人々が、ゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリアは、臨月の母カルメンとともに、この山奥へとやって来る。 この地でゲリラの鎮圧にあたる...
『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が...
【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけ...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...