零細個人投資家ケタのブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

2017年

2017-01-03 17:38:36 | 相場
さて、新年です。不肖ケタの友達が静岡のトヨタ系の自動車部品工場で働いてます。トヨタのエンジンの部品を製造しているようです。去年の売り上げが120億円以上あったけど、今年は70億円台に落ち込んで、会社の中は「大変だ~大変だ~残業は全く認めない~」状態になっているようです。

米国にも子会社があり、そちらの方は順調のようです。インドにもあるけど、こちらの方は労務管理で気が狂いそうと言う事です。不肖ケタの感覚としても日本の消費はガタガタになりつつあるような気がするんですけどね。若者の時給が少し上がっても、年配者の年金が減少するし、雇用継続ができなかった・・・トータルで見れば消費はガタガタになりつつあるんじゃないでしょうか?学者も評論家も「いつまでも若くないのよ~日本は~」と言う観点を意識的に忘れていると思うんですけどね。マンションの売り上げも低水準になってきているようです。住宅と車が売れなくなると、消費が伸びるはずがありません。

インドの労務管理の現場は、ホント日々修行だそうです。インド人のいい加減で嘘つきなことにはあきれるそうです。イスラムも似たようなもんのようです。日本の経済状態を批判する方が多いけど、バブルが崩壊して人口も減少し出したら、どこも似たようなもんじゃないでしょうかね?日本の悪い面と欧米の良い面を比較しても・・・頭悪いのかな?と思えます。米国のフードスタンプ受給者が5000万人を突破している話や、欧州の若者の失業率の高さ等にも言及してほしいもんです。

ただ日本と違うのは人口がまだ増えている点です。そのために米国は移民をどんどん入れてラテン系は5000万人を突破しています。欧州もイスラム&アフリカ系をガンガン移民しています。GDP的には単純で明快なやり方ですけど、欧州なんかはこれから社会が地獄を見るんじゃないでしょうかね?何事も光と影があるのです。ぼちぼち経済の時代を終わらせないと、社会も自然も教育も荒廃していくような気がするんですけどね。

伊勢白山道さんが書いてます。今年は酉年だそうです。

(4) 酉年の陰陽五行は、「金気の陰」です。
これは金融相場の動乱を意味します。とにかく上がりも下がりも、例年に無い激しいものに成る想定。

上げ・ロング、しか掛けられない相場は休止を参考に。
下げ・ショート、が出来る相場は、個人差が天地の開きに出ます。
殺人相場に成る想定で、投資には賛成しません。

* アジアから始まり、日本も影響を受けます。為替は10円超えの変動に注意。

(5) 「酉」は「収縮」を意味する年の暗示が有ります。

* 果実が成熟の極限に達した状態を表しているとされ、最大なものが収縮する境目の年です。

以上から想定される酉年は、
* 今年1年間が、白黒の境目、境界だった年度、と後世に言われる可能性を思って置いてください。


やっぱ中国とイスラムが何かがちゃがちゃしそうな気がするな~欧米資本主義 VS イスラム+中国なのです。イスラムと中国は良く似ています。西欧の衝撃を受けました。西欧=近代化なのです。中国もイスラムも近代化に苦悩しました。あれも駄目~これも駄目~でも取りあえず経済的には豊かになりました。豊かになると近代化=西欧の価値観なんぞ「それがどうした~」と思い出しているようです。

中国は中華思想ですけど、イスラムも結構ややこしいようです。中世は世界最先進地域のイスラムでした。欧州は遅れた野蛮人の地です。でも近代で逆転されました。近代化に努力しますけど、どうもうまくいきません。宗教的に、イスラムはマホメットが最後にして最高の預言者です。ユダヤ教もキリスト教も兄弟宗教ですけど、中途半端な間違えた宗教なのです。真に正しい宗教はイスラムなのです。だから、どうしても、イスラムは欧米の価値観を素直に受け入れることができないようです。中国が「小日本」と言う感覚に似ているんでしょうかね?じゃあ、ずっとそこにいれば~と言うと、いやいやと移民・難民してきます。そして移民してきたら「真の宗教を教えてあげる~」と言います。

欧米資本主義 VS イスラム+中国・・・ある意味、近代VS中世の戦いと言えると思います。そして世界は実は・・・中世の方がますます優位だな~と思われます。なぜなら近代人は子供を産みません。人口戦争では近代人が圧倒的不利なのです。イスラムは超血縁社会のようです。それも生物的な血のつながりが超重要のようです。だから頑張って子供を作るんでしょうかね?誰かが欧州に無事に行けば、あとは芋づる式に一族が渡る?

メリマンも書いてましたけど、2020年までに現行の体制はズタボロになっていくようです。今年からスタートなんでしょうね。伊勢白山道さんも危険な海外旅行なんていかないで、安全な国内旅行が良いんじゃ無い?と書いてます。日本のだんだんとボロが出て来るんでしょうけど、世界はそれ以上にズタボロになるんでしょうかね?お隣の韓国なんて、問題がありすぎて、ヤケクソの大統領弾劾運動にのめり込んでいるかのようです。

なんとなく・・・戦前に似ているな~なのです。戦前も日本の宿痾は格差問題でした。資本家と労働者、地主と農民、でも国内問題には手をつけず、各国とも責任を対外的になすりつけ、日本も対外積極策に出ました。そして、帝国主義の時代は終わりました。トランプは減税するそうです。お金持ちだけが喜ぶのです。企業減税もします。配当金と言う形で金融家達だけが喜びます。格差はますます拡大していきます。そして対外積極策が、今は経済の時代ですから、世界中の政府が採用している、金融緩和と積極財政なんでしょうかね?今も昔も人間の本質は変わらないようです。今の時代は経済の価値観がすべてです。太平洋戦争中は軍事の価値観がすべてでした。我々は過去を笑えないようです。みんな時代精神の中で、嫌だな~と思ってもそちらの方向に動かされます。電通の女の子の過労死が今の時代のターニングポイントになるんでしょうかね?日本はホント良い国だと思いますけど、この長時間労働だけはちょっと問題だよな~

戦後は核兵器のもとで、なんだかんだ言って平和でした。でもこれから治安の悪化と言う形で世界は変になって行くんでしょうかね?ではでは。















ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 打倒!モンゴル帝国! | トップ | トランプ大統領 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メリマンのメッセージ (メリマンの真意がある本)
2017-01-08 21:37:15
現代社会はもたないようになる。
しかしジムロジャーズが言ってるように、
そんな中でも儲ける人はいる。
メリマンは儲けるための情報もくれている。

コメントを投稿

相場」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。