零細個人投資家ケタのブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

トラスト

2017-06-19 09:23:39 | 相場
さて、相場はやはり夏の高値を目指して行くような気がします。そして、その後に・・・阿鼻叫喚?なんでと言うと、やっぱあのジョージソロスを食うためじゃないでしょうかね?いつまでも老兵が去らずにウザイのです。相場の新旧交代を印象づけるために、ジョージソロスは生け贄となるような気がします。彼がドテンしてそれなりに買ったら相場は急落?でしょうか。とにかくあの親父はウザイのです。老兵なのです。

日本株も「また半導体?」みたいな感じです。東京エレクの反撃でしょうか?GNIもまたまた動意づいているようです。買われる銘柄はお祭りのようです。デイトレさん達も盛り上がっているようです。買われない銘柄は・・・ホントさっぱり、この祭りは夏頃まで続くんでしょうかね?この相場を見ているとPERなんてどうでも良いみたいです。未来を感じるかどうか?島耕作臭があるかないかが大事みたいです。もちろん、あってはいけないようです。

世界が行き詰まっているんでしょうかね?つい最近までBRICSの発展と言う壮大な夢がありました。膨大な人口が先進国化するのです。中国が先進国化すると「誰が中国を食わせるのか?」みたいな本が売れました。でも、資源も生産能力もまだまだ無茶苦茶あるようです。あれだけ途上国が発展したのに世界は「デフレ」におびえてます。夢はあとはバーチャルの世界にしかありません。究極の生産性向上が見れそうです。デフレ化がもっと強化されるだけじゃないの?

フランシスフクヤマと言う日系人の学者が、「歴史の終わり」「トラスト」「大崩壊時代」と言う本を書きました。所謂彼の三部作です。

歴史の終わりでは、イデオロギーの競争はなくなり、あとは世界が冨の競争に入る・・・崇高な歴者終わり、退屈な歴史となると書きました。確かに、起業家の金持ちが英雄となる時代です。サムライも軍人も政治家もマネーの前では無力な時代です。文化も商業主義全盛なのです。

トラストでは世界を高信頼地域と低信頼地域に分けました。そして、経済発展しても社会が安定するには高信頼地域しか駄目だ~と書きました。中国やイスラムは低信頼地域の代表選手です。人間同士が低信頼地域なので、強烈な皇帝権力や、逆らうとガンガン人間を殺す強烈な神が必要なのです。現在はマネーの時代です。一番信頼できるのがマネーとなってます。世界的に人間同士の信頼感は低下しているんじゃないでしょうかね?

大崩壊時代では工業社会から情報社会へ移行すると社会がどう変化するか書いてます。凶悪犯罪の増加、家族崩壊、出生率の低下・・・日本は家族崩壊と出生率の低下は顕著ですけど、凶悪犯罪の増加はまだ大丈夫のようです。欧米は全面的に激しいようです。特に移民をバカバカ受け入れた欧州はどこまで我慢できるんでしょうかね?イスラム系移民は欧州ネイティブに変な優越感とルサンチマンを持っているようです。フランスとアルジェリアの関係は日本と韓国の関係のようです。フランスの福祉を目ざしてきた北アフリカ系移民がフランスネイティブをこづきまわしているようです。

良く、ドイツとフランスの関係を日本と韓国の関係のように言うけど・・・アホくさですね。フランスとアルジェリアの関係がピタリです。そして、フランスはアルジェリアに謝罪してません。独立戦争でも膨大なアルジェリア人を殺しました。そして文明化できて良かったな~と上から目線です。フランス帝国と言う幻想をまだ追ってます。北アフリカ移民は良きフランス人になろうとする気はないようです。哀れなのがフランスネイティブの庶民です。良く怒らないよな~大陸系欧州はまずロゴスありきで綺麗事に酔います。宗教戦争もフランスか革命もユダヤ虐殺もロゴスと言う綺麗事に酔い、ガンガンやった結果でしょうね。日本人みたいな「あ~だ、こ~だ、でも~」と灰色を好む思考がじつは一番先進的と思うんですけどね。リベラル系は脳天お花畑なのです。統合された美しい欧州が来ると思っているようです。島耕作なのです。でも現実は・・・なんかとんでもない時代となるような気がします。でも、あの傲慢な欧州白人がこづき回されているのか~・・・・う~ん、それもなんか面白すぎるな~と他人の不幸は蜜の味なのです。だってあの威張りまくっていた欧州人ですからアハハハハですね。

まぁ、それに比べれば東アジアはまだ穏和なのです。イスラム系と違って、中国人も韓国人も教育熱心です。独善的な朱子学の尻尾は持っていますけど、自国に絶望して、違法入国し、福祉に頼り、犯罪ばかりしているイスラム系とは違います。中国は昔は「東亜の病夫」と言われました。西欧の衝撃を受けましたけど目覚めませんでした。それをボコボコに殴って目覚めさせたのが我が「大日本帝国」なのです。感謝はしなくて良いぞ!ですね。目覚めたけど体が重いのです。しかもエリートは庶民を信じないと言う悪い癖があります。手っ取り早く「毛沢東主義」に走りまして、世界のそのアホさを見せつけました。鄧小平が登場した頃は「世界の戸籍が無くなる~球籍が無くなる~」と中国人の絶望が一番重かった時期でした。そこにまたまた登場したのが我が日本国です。極東の小さな国がバブル経済に乗って「米国を買い占めてやれ~ガハハハハ」でした。そして、哀れな中国に「昔はごめんね!手を貸してやるからね!いや~ホントお馬鹿で遅れているな~ガハハハハ」とやりました。中国は日本に二度ぶん殴られたのです。お陰で目覚めて良かったよな!ですね。フランス人なら間違いなく教科書にそう記述するはずです。

中国も韓国も自国に絶望したら困ります。日本に行って福祉ゲットだ~とやられると困ります。適度に発展してもらった方が良いのです。もっとも、日本の福祉は世界的に見てどの程度なんでしょうかね?中国は都市部の年金は月1万円くらいだから、高齢者の自殺が急増中のようです。日本も年金半分にしたら高齢者の自殺が急上昇となるはずです。島耕作の団塊世代は貧困に弱いはずです。

え~と、何の話だったかな・・・不肖ケタの観察では今度のバブルが終われば、国家も融解して行くんじゃないでしょうか?経済の奴隷となった国家は借金を作りすぎました。資産も膨大に建築しましたけど、人工的な資産はどんどん減価して劣化します。やってくるのは中世なんでしょかね?超ハイテクに囲まれた中世なんでしょうかね?世捨て人にちょっと憧れている不肖ケタとしては亀仙人のような生活が理想なんですけどね。



いつまで祭りは続くんでしょうね?来月になれば博多山笠が始まります。博多山笠が終わるまでは、不肖ケタも相場の祭りに参加してみようかな~なのです。何があっても博多山笠は継続してきました。考えたら凄いことなんです。恐るべし!日本の庶民!ですね。日本はどの地方も自慢の祭りがあるのです。凄いことなのです。お前のとこには何もないだろう、羨ましいか中国!韓国!なのです。ではでは。






















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半導体株 | トップ | 退屈な時代 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。