零細個人投資家ケタのブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

富国強兵

2017-08-13 11:08:09 | 相場
さて、亡くなったお客さんの葬儀に参列してきました。昔の葬儀は60代が普通で70代だったら「長生きしたね~」と言っていたような気がします。でも今は60代の葬儀は、若すぎて涙、涙でした。不肖ケタも年を取って涙腺が弱くなったんでしょう。楽しそうに歌っていたお客さんの姿を思い出しながら泣いてしまいました。

なんで今の人間は長生きするか?年を取っても若いのか?不肖ケタが思うには「肉を食べるからじゃないの?」なのです。今の肉には「成長ホルモン」と「女性ホルモン」が結構残留しているんじゃないでしょうかね?昔だったら50代くらいで、それらホルモンが枯渇して、しわくちゃの「じいさん」「ばあさん」になってお迎えが来たんでしょう。そして、それが生物としての人間の自然の姿と思います。でも、今は、肉食するので、肉の中のホルモンが人間を若く保っているんでしょう。たぶん、間違いないと思います。玄米食+ベジタリアン・・・体力なくて早死にするそうです。間違いないのです。

大豆を食べればタンパク質は摂取できると多くの方が言います・・・ふっ、ふっ、甘い!成長ホルモンと女性ホルモンが大豆には無いんだな~肉や養殖魚やエビを食べないと~ですね。特に養殖エビや魚は死なないように女性ホルモンを大量に与えるそうです。みんなツヤツヤになるそうです。タイはエビの養殖が盛んらしいです。だからオカマちゃんが多いんでしょうかね?福岡に人間の胎盤を使ったプラセンタの病院があります。半分は癌の治療で、半分は若返りのために来るそうです。みんなツヤツヤになるそうです。

癌は克服できるか?と言うと、できるんじゃないでしょうか?癌を治すと言う寄りも、癌の超早期発見の時代になるんでしょう。血液1滴で13種類の癌が発見できる方法が治験されているようです。1mmの癌もわかるようです。膵臓癌なんかもわかるそうです。癌があると言われても、小さすぎて肉眼では見えない!と言うケースも多発するそうです。あと数年でこの検査方法が常識となると思われます。

不肖ケタはガン保険も扱ってますけど、これからは、癌診断金が何度も出る保険に入るように勧めてます。なぜなら、たぶん、我々は生きている間に3回くらい癌と「宣告」されると思うからです。宣告されても「まだ2mmくらいだから様子を見ましょう」と言われると思います。それに合わせて、超早期発見した癌のナイスな除去方法も開発されるんじゃないでしょうか?不肖ケタの同級生が癌になり胃を1/3切除しました。「癌診断金は本当に出るのか~俺はもう新車の購入にサインしたぞ~」なんて言ってました。無事に出ました。しかし・・・なんか目的が違うような。

残るのは血管系と神経系ですね。血管系は加齢と糖分の摂取しすぎで弱ります。脳梗塞や心筋梗塞と言う重大な病気になります。神経系は「認知症」ですね。パソコンもずっと使うと、速度が遅くなったり、ジャムったり、日本は間違いなく「認知症大国」となるようです。

え~と何の話だったかな?団塊世代が70代になりました。あと10年くらいしたら日本は大量死の時代を迎えそうです。どんなに長生きしても、いつかはあの世に逝きます。生きている間が花なのです。カラオケ喫茶は、一つのホールでみんなで順番に歌います。お客同士の関係も濃厚になります。良いことばかりじゃありません。「あの人は嫌いだ!」「あいつはいるなら私は店に入らない」・・・人間はいくつになっても変わりません。あるお客も別のお客とケンカして不肖ケタの店に来なくなりました。そのお客がたまたま店に来ました。ほ~これはチャンス。亡くなったお客さんの話をして、不肖ケタは言いました。「あんた!ケンカしたあの人と仲直りせんちゃいけんやろ。ケンカしたり仲直りしたりできるのは生きている間だけバイ。死んだりベッドに寝たきりになったりしたら、ケンカも仲直りもできんとバイ。あんたが年下だから、あんたから頭を下げたらいいチャない」そのお客は、帰りに「電話をして頭を下げてみる」と言ってました。仲良き事は美しきことなのです。またケンカしても、それはそれ、生きているからケンカもできるのです。

カラオケ喫茶に来るのは年寄りばっかりです。保険も年配者が多いのです。今の日本では大半の商売がそうでしょうけど、お客は年配者が多いのです。日本は明治維新から国家目標は「富国強兵」でした。3千万人の人口が1億2千万人になりました。強兵は1945年に挫折して、以後は富国が国家目標となりました。松下幸之助や本田宗一郎なんかの英雄が登場しました。帝国軍人は1945年以降は全く発言権がなくなりました。

富国もボチボチ終了になると思うんですけどね。日本が世界の最先進国で実験国家だとしたら、富国の使命はボチボチ終了のはずです。田舎に住んでいると実感します。年寄りだらけ空き屋だらけ空きテナントだらけの日本でGDPが伸びる訳ないじゃない・・・嫌だな~ですね。前向きな事を発言する経済関係者が、太平洋戦争中の帝国軍人に見えます。なんか時代遅れの存在に見えてきます。

AERAの雑誌に、お寺の檀家制度が大変化している記事が載ってました。檀家がいなくなるし、若い連中の意識は変化しているし、家族葬が激増しているし、お坊さんも派遣される時代だし・・・経済関係者の前向きな話・・・大半は政府&日銀&大企業経営者への批判&文句ですけど(だったらお前がやれ!)・・・そんな話よりも人口減少&高齢化で身近で起きている大変化の方が興味があるし、切実なのです。

生きている間にやりたい事をやるべきなんでしょうね。この「やりたいこと」ですけど、これも評論家やメディアにのせされて「虚栄心一杯のやりたいこと」だったらキツイし続かないですね。不肖ケタの知り合いの団塊おじさんは、そこそこの企業で部長職でした。退職してしばらくして「蕎麦打ち」とやるんだ~と、どこかに習いに行って、蕎麦打ちセットを購入してました。「う~ん、絶体続かないよな~」と思っていたら、最近は蕎麦食いに来いと連絡がないので、もう止めたんだろうな~ですね。

団塊のおじさま達はノリが良いのです。ワイワイやるのが好きなのです。虚栄心もまだまだ強いのです。田舎に多いパターンは、退職して退職金で豪華な農機具を購入して、他の田んぼまで借りて田んぼ作りに燃えます。あるおじさんですけど。「今、俺は田んぼ3町作っている、わっははは」なんて言ってました。トラクターもワックスつけて磨いてました。でも最近聞いてみると「1町くらいで良い。3町も作れるか!」更に良く聞くと、やっぱ、色々と病気が出てきているみたい。いつまでも若くないのよね~団塊世代あたりから、田舎でも、奥様は決して田んぼ仕事を手伝ってくれないのです。なぜなら・・・泥で汚れるからなんでしょうね。田舎では、田んぼに出る女性は戦前世代までです。団塊世代は田んぼ嫌いです。でもガーデニングは好きのようです。これが40代以下になるとガーデニングすら嫌いです。泥と虫が大嫌いなのです。ホームセンター行くとありとあらゆる殺虫剤を売ってます。日本人は自然と共生してきた・・・年配者の脳の中だけにあるお花畑の光景です。



不肖ケタは土いじりは好きなんだけどな~でもドンドン少数派となるんでしょうね。あれよ、あれよで世の中は激変していくでしょうし、あれよ、あれよで寿命が来るんでしょう。虚栄心を捨てて、本当に自分の好きな事ができれば良いですね。蕎麦打ちだけは止めた方が良いと思うな~ではでは。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さっちゃん | トップ | 鎌倉時代 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そば (花田清輝)
2017-08-14 14:26:23
たまに食べると美味しいですけど
毎日は無理です(笑)
玄米と梅干にすると 驚くほど体が軽くなりますが
なんとなく萎びてきます。

まあ 団塊の世代がいなくならないと
ど~にもなりませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。