けこりん日記

英語教室のレッスン、ネットでの活動、アメリカの思い出、
おすすめの本などつれづれに・・・。
(交流はミクシィでね!)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

T大受験日記

2010-03-14 09:54:55 | メルマガバックナンバー
3月10日 昼


息子と私は本郷のT大のキャンパスにいました。


合格発表の掲示板前は、満員ラッシュ並みの人人人。

定刻より30分以上も前にブラスバンドの演奏が始まり、
人のうねりが、じりじりとずらりと並んだ5ケタの数字に
向かって進みはじめました。


ほどなくはじまる歓声、悲鳴、ラグビー部による胴上げとエール

息子の背中を見失いそうになりながら、
めったに高鳴らない私の心臓も、その日ばかりはバクバク

いろんな思いで涙ぐみそうになっていました。



まず見えるのは文1文2文3。ほんのちょっと先の
理1はなかなか届きません。

報道や取材、予備校、もろもろの受験産業と思われる
カメラが反対側に何十台と並んでいます。



やっと理系かな・・・人の頭でまだ見えない・・・



と思ったときに


先を歩いていた息子が振り返り







「ない」





と一言。




その瞬間、たぶん精一杯、普通の顔をしたと思います。


「そっか」



出かかっていた涙はあわてて引っ込めました

余計なことを言わないように、と自戒しながら
「あ~~やっぱり駄目だったかぁ・・・」と心はフリーフォール



後期試験も×


彼が見間違えるわけがないのに、人ごみの隙間から自分の目でも
見ようとする未練たらしい私(笑)


やっと人並みが途絶えるあたりは、十数メートル先の喧騒が
別世界のように、静かでどよよんとした空気が流れていました。


合格者は手続きなどでUターンしているのでしょう。
反対側まで来た子たちは、どの顔もやれやれ・・・といった表情。


合格者の歓喜の胴上げをぼんやり眺めながら、本人は
携帯で学校の先生や祖父母に「ダメでした~」と連絡。


そこへ、同じ学校から受けた女の子と遭遇。

その子も×。涙を流していた感じが見えました


彼女は後期を東工大にしているので、切り替えてがんばって!!と
エールを送り別れました。


「うーーーん
 彼女、理系女子で一番合格に近い子だったんだけど・・・。」


帰り道、新丸ビルの上のうなぎ屋さんで
うな重をごちそうしてやりました。


メニューを見て
「うわ、高っ!!」
と言いつつ、一番高いヤツを遠慮なく頼むヤツ(笑)。




「みんなが受かってても普通におめでとう、って言えそうだから
 学校に行ってくるわ」と。


そこでまた鼻の奥がツン。

彼は学校へ、私は授業へ家路を急ぎました。





塾も予備校も一切いかず、我流をつらぬいての受験でした。


集中力だけはピカイチでしたが、勉強時間は短く、穴も一杯。

特に中途半端にできる英語が中途半端なままだったのが
私としては悔やまれました。が、それも仕方なし。


翌々日に届いた得点をみるとやっぱり惜しい。
(得点開示請求をすればT大は採点結果を教えてくれる)

「不合格判定A」

英検かっ!と突っ込む私(笑)。

惜しいグループ1~300人の間に入っているという意味らしい。


「ケアレスしても受かるくらいでないとね」
と本人のあっさりした弁。(ごもっとも!)


数点を追いかけて、浪人はしない、とのことで
息子の大学受験はあっけなく終わりました~。


--------------------------------------

3月11日・12日

翌日、大阪から父方の祖父母が飛んできましたー(笑)

「いや~~~KOに決まってよかったぁ!!
 早慶戦を見たかったんや~~

 浪人すると言ったらどうしようかと思ってたわ~(笑)」

とおじいちゃん。やけに明るい


ホテルのレストランで会食のときに、その祖父が突然意識
朦朧となり、救急車を呼ぶ騒動に。

でもなぜか10分で復活(^^;

病院に行くことを固辞し、抱えるように
部屋に戻る途中でも意識が飛んでいました。


でも翌日は東京に行ったそうな


大阪で必ず病院に行ってくださいね!!としつこく言ったけれど
どうだろうなぁ・・



3月14日 


友だち7人と大阪、青森の旅、9泊10日にさきほど出かけました。

 大阪と青森に友だちがいる、という理由で大移動の旅(笑)





↑で彼が肩からさげている青いバック、アメリカ時代の小3のときから
使っている10年の愛用品

さすがにちょっとほころびが・・・


入学祝いはカバンにするか~(笑)



やっぱり長~~い親ばか日記、失礼しました!![m:206]
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校卒業~心に残る先生 | トップ | 「わが子を英語のできる子に... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む