花恋人

山野草や蝶・トンボなどの昆虫、冬は野鳥です。


コフキトンボです。

2017-06-19 | Weblog
上から♂、♀、♀(翅に褐色の帯が入る)=オビトンボです。

この池では毎年、ハナショウブの季節になると
これら3種のコフキトンボが同時に見られ、貴重な楽園となっています。

今年はどうかな? と心配しながら観察して参りました。

ここでのオビトンボは、おじさんにとって特に貴重な生息地です。
また行ってみようかな。(笑)





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤城山のレンゲツツジ、満開... | トップ | コオニヤンマです。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コフキトンボ(^^)♪ (きなこ)
2017-06-19 16:29:51
胴ながおじさん こんにちは(^^)/
コフキトンボ、美トンボですねー
オビトンボは翅全体が薄いピンク色でさらに美しいです
避暑を兼ねてまた逢いに出向かれますか

菜園作業、お疲れさまでした。
煮魚の煮あがり際に春菊のお浸しを添えるとどちらも美味しさが引き立ちます。
試してみませんか
鈴なりのアイコちゃん、楽しみですね
もう野菜は買わなくてもすみそうでしょうか?

草むしりや樹木のお手入れ、ほどほどお願いします。
トンボ撮りに行けなくなりますよー
きなこさん、おはようございます。 (胴ながおじさん)
2017-06-20 10:21:49
年に一度だけでは惜しいので、行ってみます。(笑)

菜園は里芋が大変なことになって、慌てています。

キューリとナスだけは一時期、地産地消で
済みそうです。(笑)

やはり、昨日は稼ぎ過ぎました。
何となく腰が重いです。

バジル、蒔きましたよー。
日照りでタイミングが悪いのですが・・・。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。