ゲージツ家Mの日本風物詩

地球って誰のもの?

恐いお話

2017年03月20日 | 自然ウォッチング

今日はショートケーキのお話(^^)
材料を泡立てて作るのですが、
非常に面倒。
これをお客さんに売って商売をするとなると
数がこなせない。
そこでうまい手があるのですよ。
乳化剤を加えると泡立ちが良くなります。
泡が消えないように安定剤を入れます。
沢山作るとコストが安くなります。
沢山作ってもカビが生えないようにします。
そこでグリシン、酢酸ナトリウム、グリセリンエステル
という合成化学物質を入れます。
これは法的には保存料ではありません。
さらにもっと大量に作るには
ケーキのスポンジ部分を作っておいて冷凍します。
解凍したときにグチャグチャになってしまうので、
スポンジ部分を作るときに、
乳酸塩、ソルビトールを練り込んで生地を作ります。
解凍したときに当日作った物と区別できません。
サクランボが必要なときは、
本来の色を漂白して合成着色料で染色します。
見た目がきれいに仕上がります。
今日はショートケーキの作り方をお勉強しました(^^)
この実態、放射能よりよっぽど恐い。

              (「食品業界は今日も、やりたい放題」より)





一花から出る蜜はチョッピリ。
でもおいしい。
ヒヨドリが、
体の大きさに比べて圧倒的に小さい梅の花から食事(^^)
窓ガラス1枚を通して室内から撮影。


我が家の定番となりました。
翅を広げてくれませんでした(^^)
テングチョウ。


ならば透過光で。
やっぱ庭で撮ってるよね。
テングチョウ。


フキノトウが伸びてしまった。
可愛げがない(^^)


名前は分からないけれど、
5mmより小さいハチが日なたぼっこしながら足又はお尻を掃除(^^)


アセビの花が咲きました。


庭の至る所に咲いています。
雑草だけれど憎めない(^^)
可愛らしい。
タネツケバナ。


我が家にもいたんですねえ。
成虫で越冬した、
オツネントンボ。


家族で雑草かどうか意見が分かれる(^^)
キケマン。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加