PARK

新しくお話を作りました
実在するある女性の物語です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家族との壁を感じる

2016-11-17 10:25:08 | 幸せはどこへ?
ここからは、「私」=「智子さん(仮名)」になります。


------------------


私は娘にひどいことをしてしまった。

娘の通う中学校で、音楽祭があり夏休み前に娘がピアノ伴奏をすることになった。

それは、1歳から音楽教室、3歳から12歳まで本格的なピアノを習った娘や、私にとってもとても光栄なことだった。

ただ、3年生にもなると曲の難易度も高くなるし、娘は中学生になってから部活や勉強で忙しくなるからとピアノ教室を辞めてしまったので
かなりハードな練習をしなければならない。

ただでさえ、受験生で通っている塾でも夏期講習や模試など忙しい夏休みのスケジュールなのに合間を縫っての練習。

私も以前音楽系の習い事をしていたので、多少は協力できるかと娘と二人三脚で多忙な夏休みの中、ピアノ練習を乗り切りました。

二学期に入り、いざ合唱と伴奏を合わせようとすると、思春期の男子学生が照れくさいとか声変わり中で声がでないとかで、全然歌ってくれないと
娘もかなり悩んでました。

本番間近になってくると、課題曲からリハーサル開始、娘が弾くのは自由曲なので後半でした。

伴奏をする他クラスには、長年ピアノを習ってきたけど、恥ずかしがり屋さんでずっと断ってきたが誰も弾く人がいなく、初めての伴奏という子や
毎年のように伴奏賞を受賞している強者まで多種多様。

娘は3年間、伴奏をやらせてもらったが、毎年伴奏賞をもらっているという現役で習っている子にはやはり敵わず、せっかく練習したのに中途半端で
終っていました。

今年は、中学生生活最後。本人もそれなりに頑張ってきたし、単発でレッスンをして下さるという個人教室に頼んでみていただいたりしました。

結果は・・今年デビューしたという子も一生懸命練習したのか、ノーミス。頑張りました。
     他のクラスの子も、間違いがほとんどなくきれいに弾けていました。
     そして、娘は指揮者の子が緊張をしてしまったようで、ゆったりとした曲なのに早くなってしまい娘もそれに合わせようと必死になったのが
     アダとなってしまったようで、ミスの連発。

     一回間違えると、崩れ落ちるようにグダグダ。

見ていた私は、10年間の走馬灯が一気に頭の中を駆け巡り、今までなんだったのだろう?って。

3歳の時、初めてのピアノ発表会で私もかろうじて弾けるからと、ピアノの先生が「親子で出ませんか?」と言って下さり、私も小学校まで習っていた経験はありますが、かなり楽器に触れることがなく自信がありませんでした。

でも、娘との連弾も自分にとっても娘にとっても良い経験になるのではないか?ということで、なんとか私も練習しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況報告

2016-11-17 10:16:02 | 幸せはどこへ?
大変ご無沙汰しております。

ブログ書くの久しぶりだなぁ・・

ところで、以前投稿した私の知人の智子さん(仮名)ですが、久しぶりに会うことができ近況を色々と話してくれました。

一時、とても落ち込んでいましたが心療内科での治療でかなり回復されたご様子です。

でも、彼女の表情でなんとなく、また何かあったのかなと・・・


彼女は、私の住むところから車で数分のところに住んでおり、いつでも遊びに来れる距離に住んでいます。

受験生の娘さんを持つ彼女は、何かと娘さんのことで忙しいようで、息抜きに私のところへ来たそうです。

彼女は呼吸も荒く、ちょっと辛そうな表情。

「大丈夫?」

「大丈夫。今日は、またあなたに話を聞いて欲しくて来たの。忙しいところ、時間を作ってくれてありがとう。」

「いいの、気にしないで。智子の辛い顔見ている方が辛いよ。一体何があったの?」

「私、今の家族?で暮らしていていいのかな?」

「え、どういうこと?」

ここから先は、智子さんの許可をもらって内容を掲載させていたきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しい自由な子供になりたかった

2013-07-14 17:15:50 | ユカタンといしょ
温かい家庭に憧れた

悩み事があるといつでも相談に乗ってくれる母

怒ると怖いけど、そっと仕事帰りに見つけて買ってきてくれたプレゼントを枕元に
置いてくれる優しい父

泣いていると「どうしたの?」と優しく声をかけてくれる兄


そんな家族から見放され、理由もわからないまま罵られ、意地悪を言われウソをつかれ


たとえ縁を切ったとしても、私の頭には悪い思い出しか今はのこっていない

なにもしていないのに、「ばか。あほ、うるせぇ、黙れ」


私が反論すると逆切れ


わたしが何をしましたか?

縁を切ったっとしても私はずっとこの誤解を背負ったまま生きていかなければなりません。

誤解を解きたいし、言わる理由を知りたい。

どうしておしえてくれないの?


私は生き地獄


死んだ方がまし・

早く死にたい


生きているのが辛い・


楽しくない。


あの人たちは・・・・悪魔だ


あの悪魔から生まれたこの身体。

気落ちが悪くて、生きていても苦しいだけ


なぜ・・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英検受かりました!!

2013-06-21 15:27:06 | ユカタンといしょ
今まで英会話の教室には何年か行っていましたが、本格的な英語の塾に行き始めたのはまだ1年も行っていません。

通信講座のBe-〇〇には3年位やっていましたが、書かないで聞くだけなので英検の筆記に対応できるか心配でした。

ダメでもともとで4級を受けさせました。

本人も試験後、自信がないと言っていましたがなんとかギリギリ合格!!

来年中学に入ったら、半強制的に英検を受けさせられるらしいので今からやっておいてよかったと思います!!

やっぱり通信講座のBe-〇〇はリスニングに強いみたいですね!!


とにかく合格してよかった!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無神経すぎる

2013-06-19 15:15:08 | 日記
先週、私が体調を崩して娘を実家に預けていたのですが、母が体調が悪いとのことで娘を早めに帰宅させました。

ところが、その翌日、体調が悪いと言いながら両親は旅行に行き、今日、なんだかわかりませんがお土産らしきものを
持ってきました。

だったら初めから「出掛けるから」と言ってくれればいいものを、どうしてそういうウソをつくのでしょうか?

意味が分かりません。

こっちは体調が悪く自分のことで精いっぱいなのに、自分たちはうそをついて遊びに行って・・・

無神経にもほどがあります。

遊びに行ったことよりも、ウソをついたことに腹を立てています。

どう思いますか??みなさん!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の願い

2013-06-18 10:48:40 | 日記
今日は・・・今の私の願い??というか、やりたいことです。

私は今まで色々あったことでストレスを溜めてしまい、ストレスからくる自律神経が弱ってしまったようです。

私が代筆した吉田智子さんの物語までいきませんが、今心が折れてしまっているようです。

病院で薬をもらって飲んでいますが、漢方なので地道に付き合わなければならないようです。

色々な人たちから、温かい言葉をもらって少しずつ立ち直ろうとしているとこです。

自分や吉田智子さんのように辛い思いをしている人がたくさんいると思います。

そこで、私や吉田智子さんのような同じ経験やいじめられた人、いじめてしまった人など心を痛めている
人たちを救ってあげたいと思うようになりました。

でも、救うって何をしたらいいの?

インターネットで色々調べました。

いじめた人、いじめられた人、辛い思いをしている人。

心になにかひっかかるものがあるのでしょうね・・

特にお子さん。

小さいうちからのいじめや虐待など。

大人になってもずっと引きずってしまうでしょうね・・

そんな子供たちを笑顔にさせたいと、子供たちのよき相談相手になってあげたいと思うようになり、
チャイルドカウンセラーという資格があることを知りました。

自分も小学生のころは、ぶっちゃげますがいじめた方、いじめられた方の両方を経験しています。

それから、中学も色々あったし、心を痛めている友人もたくさんいていっぱい話を聞いてあげました。

今は自分のことでせいいっぱいだけど、いつか立ち直ることができたら困っている子供たちの力になって
泣いている顔を笑顔にさせたいと・・・・

夫に相談したところ、とても賛成してくれました。


自分の力がどこまで通用して、何人の子供たちを救えるのかわかりません。

でも、一人でも多くの子供達から傷ついた心を癒してあげられたらいいな・・・・と思っています。


それが私の今の願いです・・・


待っていてね。

今、悩んでいる子供達。

あなたたちの心の支えになれるよう、がんばるからね!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

智子さんは??今

2013-06-17 09:10:37 | 日記
その後の藤原智子さんはどうしたのでしょうか??


度重なる両親の心無い一言ずつが重なり、精神的にも疲れ切ってしまった藤原智子さん。

一時期はよくなったものの、夫が交通事故を起こし大けがをし入院や手術を行ったり、
娘はやりたかった委員などになれなかったと落ち込んで帰ってくる。

忙しいのに娘は部屋を片付けない、やることは遅い・・・・

疲れて寝たいのになかなか寝てくれない。

どこまで智子さんは抱え込むのでしょうか・・・

幸い、夫の両親がとても心が温かい人で落ち込んでいる智子さんをいつも励ましてくれているようです。

唯一の心のオアシスなのかもしれませんね。

学生時代は同じように嫌なことがあっても、友達がいてくれたからストレスの解消ができた。

全然関係のない話をしてみたり、カラオケやボーリーング、ゲーセンなどで嫌なことを忘れさせてくれた。

でも、今はみんな忙しそうだし自分もこんな体調になってしまったのでなかなか外に出られない。

子供を通じて知り合ったママ友さんも、込み入った話ができるような人がなかなかいないし、
他のママ友さんに言われたくないし・・・


行きつくところは、このようなブログで自分の気持ちをぶつけること・・・と智子さんは言っていました。

智子さんの父親には、ストレスからこのような体調不良を起こしていること。
原因は両親にあることを伝えたのですが、相変わらず攻撃的な対応をしているようです。

本来なら関わらないことが一番なんですけどね・・・

智子さんの両親宅は自宅から車で5分くらいのところにあるので、いつどこで顔を合わせるのかわかりません。

困ったものです・・・・




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仲間っていいね・・・

2013-06-03 17:36:01 | 日記
作者のひとりごと・・・・


ふと・・・色々なことで悩んで体調を崩しています。

そんな時、ふと娘の幼いころの画像や動画を見て涙していました。

DVDをあさっていたところ、私が独身時代に勤めていた会社を退職する際にもらった色紙が出てきました。

こじんまりとした会社で、従業員は20人いたかな・・・ってところでした。

私は事務職を一人でやっていましたが、一度も話をしない人も中にはいたかな・・・

その色紙にはほとんど話もしていないのに私のことをよく見ていてくれたようで、温かい言葉が書かれていました。

落ち込んだ時、この色紙のメッセージを読むと心がポカポカしてくる感じがしてきます。

今、専業主婦であまり人と接することのない環境にいるので余計に感じるのかな?

仲間っていいよね(^^)/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エピローグ

2013-01-22 09:18:43 | エピローグ
私は今まであった過去のことを謝罪させたいとか、そういうことを言っているのではありません。

私が今まで言われたことがどれだけ重みがあったかを知って欲しかった。

都合が悪くなると冗談だとかで誤魔化されてきた。

嘘や暴言が度を越すと冗談では済まされなくなる。

誠意でやったことを素直に「ありがとう」と言えない家族。

そんな環境で育った自分が惨めで仕方がない。

幼いころに無邪気に笑っている自分の写真を見つけた。

何も知らないこの頃が懐かしい。

でも、自分の家庭環境を知ってしまった今、何があっても戻りたくない。

自分の娘には帰るところを作ってあげたい。

温かく迎えられるような家庭環境にしてあげたい。

辛いことがあったら、娘をぎゅっと抱きしめてあげられるような母親でありたい。

それが本当の家族だと思う。

同じような辛い目に合わせたくないから・・・・

自分だけではなく、娘の幸せを願って・・・・

みなさん、最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

このお話しは少し変えている部分もありますが、ほぼ実際にあったお話です。

このお話を読んでどう思われたかわかりませんが、主人公の智子さんは今、
自分や家族の幸せを願って一生懸命に努力しようとしています。

今後、このようなことが世の中になくなるように色々な人に知ってもらいたいと
ブログに掲載することを許可してくれました。

また、同じような境遇に遭っている方がいらっしゃるようなら、励まし合い頑張っていきたいと
いうモデルの女性の願いでもあります。

こういう事実がある・・・・ということも知って欲しいということ。

是非、智子さんを応援してあげてくださいね。

作者より




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い出と希望

2013-01-18 11:02:03 | 転落
今までずっと両親との嫌な思い出ばかり綴ってきました。

そうは言っても良い思い出だってたくさんあります。

例えば、いっぱい色々なところに連れて行ってくれたこと。

両親とも東京出身で、田舎というところがなく親心に夏休みはこれと言って遠出する場所もないからと、
毎年どこかに連れて行ってくれた。

小さい頃は、毎年旅行に行くのが当たり前だと思っていた。

でも、結婚直前の夏には吉田智子としての家族旅行はこれで最後なんだなって思うと寂しくてたまらなかった。

父と母とは色々あったけど、やっぱり家族。

母は何度も友達とのトラブルの相談に乗ってくれて、アドバイスもしてくれ良い方向に導いてくれたこともあった。

それなのになぜ、今になって私にきつく当たるのだろうか・・・

いつも冗談ばかり言い合っていた親子関係。

どうして?

理由を聞いても、「悪気はない。」「冗談だ」というばかり。

今までの良い思い出が、今になって悪い思い出ばかりが思い出される。

父は嫌な思い出ばかり思い出さないで、良いことを思い出せと言う。

でも、せっかくの楽しい思い出も結婚後の嫌な思い出の方が多いし強烈なものばかりなので、
かき消されてしまう。

私だって楽しい思い出を思い出したい。

家族のことだけではなく、友人との楽しい出来事など・・・・

どうしても嫌な思い出ばかりが前にでてきてしまう。

なんとかしたい。

どうにかした。

これからのことを考えようと、さくらの成長のことを考える。

やっぱり、頭の片隅に墨汁でくっきりと書かれた嫌な出来事。

私よりも何もしない兄には何も言わず。

「あいつは言ってもきかない。」で片づけられ、何をしても無関心。

私は一生懸命両親の為に色々やってきたのに、愚痴ばかり言われたりする。

どうして?

なぜ?

そんなつもりはない?

勝手だよ。

私ばかり・・・

もう、私の心の中には実の両親は・・・・いないものとなっている。

寂しいけれど・・・

こうして体調を崩して連絡をくれるのは義父母ばかり。

当事者はというと・・・何の連絡もなし。

涼介の方からいつも近況報告をしている状況。

私は生まれてこなければよかったのかなって思う時があるけど、
涼介やさくら、義父母の言葉を信じてここまで頑張ってきた。

これからは、実家のことは忘れて自分たち家族と義父母と楽しい思い出を作っていきたいと思う。
私の両親は、兄に見捨てられ私をダメにした。

良かれと思ったやり方だったと思うけど、本当に正しいやり方だったのだろうか。

今まで言いたいことを言ったり、思いやりのない態度で子供たちは離れてゆく。

老いてゆく自分たちに何も残らない。

可愛そうなのは自分たちではないだろうか?

過去のことは忘れろ・・・それは無理な話し。

だって、私だって一人の人間ですよ。

感情もあります。ロボットではありません。

娘だから何を言ってもいい?

それも違います。

自分たちは正しいと思っているようだけど、全然違います。


今は自分が母親になって娘に幸せになってほしいと願う。

そのために私は娘には伸び伸びと育ってほしい。

夢を叶えるために応援したい。

偶然にも自分が将来なりたかった夢と同じ夢。

叶えて欲しい。

夢を踏みつぶすようなことをしたくない。

親としてそう願うのが自然のこと。


今まで辛い思いをした分、私は幸せになりたい。

絶対に幸せになりたい。

いや、幸せになる!

幸せになってみせる!

幸せになりたいという希望を持ち続ける。

誰が何と言おうとも・・・




涼介とさくらという家族が持てたこと。

それが、今の私の幸せ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加