私とピアノと、日常と…

30年ぶりに再会したピアノや、日々を見つめるための日記みたいなものです。

アルペジオを弾くのに指の長さが足りない?

2017-07-13 16:07:49 | ピアノ
前から苦手ではあったけど、何とか克服したいと奮闘中。
今、ツェルニーとベートーベンソナタのアルペジオをどうやったら滑らかに弾けるようになるのか研究してます。
前から先生に親指の力を抜くように言われているんですが、他の指にも変な力が入っている模様。
なので、全体的に力を抜くことを意識して小さな音でゆっくり練習してます。

アルペジオを弾く時に、親指を中に入れる動作は必要ないというのを聞いたことがあります。
確かにピアニストの弾き方を見ているとほとんど腕が動いていない。
親指をくぐらせてないように見えます。

でも私がそのように弾こうとすると、どうしても指の長さが足りない。
なので所々ブツブツと音が切れる時がある…。
きっと手の大きさが関係していると思うので、思い切って親指を中に入れて弾いてみた。
だって物理的に無理なんだもの。
手や手首を回転させるように、音が切れないように…。

そしたら肘が大きく上がってしまう。
やりすぎなくらいに上下に腕が動いてしまう。
ただ、力は抜けている。

この弾き方で良いんだろうか?
とりあえず、これで練習していって次のレッスンで何て言われるか?
ま、ちょっと楽しみではある(;^ω^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次回レッスン、新曲が3曲…。 | トップ | アルペジオを弾く時に、肘を... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。