私とピアノと、日常と…

30年ぶりに再会したピアノや、日々を見つめるための日記みたいなものです。

レッスン12回目

2014-11-23 17:12:02 | ピアノレッスン
練習不足だな~と思いながら、冷たい雨の中、レッスンへ…。

ツェルニー40番…25番
つっかえながらも、何とか弾きました。左右の指番号が訳分からんくなる~。
kero「この曲、嫌いなんです…ハノンのスケールが大嫌いなんです(;゜Д゜)」と告白。
先生「とりあえず、他のスケールは置いといて、この曲やりましょ。ツェルニー40番は、31番からぐっと曲として面白くなると思うんですけどね。」
私としては、28番なんかも面白い感じがします。
それまでの辛抱でしょうかね~。

左手を良くさらって練習することがポイントだそうです。
それと、右手を少し強めに出すと軽く綺麗に聴こえるのだそうで、比較演奏していただきました。(ユニゾンだから?)
なるほど、確かに!

バッハインベンション3番
この曲…音符が少ないくせに、なかなか…です。身体に染み込むのにじわ~りと時間がかかります。
でも、長調の後にちょっと哀愁漂わせたりして雰囲気の良い~好きな曲のひとつです。
3拍子の頭を意識して弾くこと。(アクセントはつけない)

「ホルベアの時代から」…プレリュード
kero「どうやら、暗譜で弾けるようになったようです…(゜.゜)」
先生「お、じゃ、やってみましょう~(^.^)」
暗譜で弾きましたよ。弾けましたよ~。
ま、1年以上弾いていればね、自然と出来るようになるものですね('ω')

次は少しテンポを速めて、やっぱりペダルなしで弾きました。
だいぶリズムのずれが無くなってきたようですが、右手の人差し指の音が揃わず、滑らかに弾けない箇所があります。
こんだけ、弾いているのにな~(*_*;
へこんでいても仕方がないですけどね。
先生「12月になったらペダル入れましょう!」
次回は晴れてペダル入りですが、どのくらい崩れますかね~。
難しいんだ、これが!

「ホルベアの時代から」…サラバンド
久々です。
気が付かないうちに3拍目を急いじゃう箇所があるみたいです。
しばらく見てもらわないと、やっぱり崩れますね。
この曲は、時々、どのテンポで弾いたら良いか、出だしで迷ってしまいます。今回は、少し速かったかな~?

「ホルベアの時代から」…ガヴォット
これも久々です。
組曲の中で一番練習していない曲です。
大の苦手な両手オクターブ和音の連打…音は汚いけど、テンポを落とさず弾けるようになっていました。

先生「これで何とか5曲弾けるんじゃない?」
kero「本当ですか~?きっと時間がオーバーしてしまうんじゃないかと…。」
先生「まだ、時間あるし近くなったら、どうするか決めましょう~。」

私、本当に5曲なんて弾けるんだろうか…((+_+))不安…


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 就活、終了! | トップ | 答えの出ない問い »

コメントを投稿

ピアノレッスン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。