私とピアノと、日常と…

30年ぶりに再会したピアノや、日々を見つめるための日記みたいなものです。

ツェルニーで暗譜の練習

2017-07-23 23:23:44 | ピアノ
今まで暗譜は大の苦手で一回も本番でやったことがありません。
というか、初めから「無理!」と開き直って挑戦したことがありませんでした。

ところが、最近、暗譜をして弾くことのメリット、必要性を感じるようになりました。
ツェルニー40番の後半になると速度を上げるためには暗譜をしなければならないと…。
それにピアノを弾くのに楽譜から目を離して手元を見ながら弾くことが、格段に弾きやすいということに今さら気付いたのでした。(遅い!!)

そこで特に必要性を感じるツェルニーを、出来るだけ暗譜で弾けるように心掛けています。
39番は後半がなかなか覚えられないけど、アルペジオや跳躍が多いので目で鍵盤を確かめながら弾くことが必要と思います。
当たり前のことかもしれないけど…。

先生は「ブルクミューラー25の練習曲のような短い曲を暗譜の練習にしてみるといいよ。」とおっしゃっていました。

暗譜は自分には不可能と思い込まないことにしました。
自分の殻を破ること。

本番ではすごく怖いけど…。
一歩、前へ…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バッハ・シンフォニアを弾く... | トップ | 手首が痛い(゚д゚)! »

コメントを投稿

ピアノ」カテゴリの最新記事