私とピアノと、日常と…

30年ぶりに再会したピアノや、日々を見つめるための日記みたいなものです。

アルペジオを弾く時に、肘を上げてはいけません。

2017-07-15 18:11:05 | ピアノレッスン
アルペジオで、あーでもこーでもないと悩んでいたこと。
手首を回転して肘を上げて弾いてみたんだけど、やっぱり違っていた。

先生「それじゃ、手の向きが逆ですよ。小指側に少し倒し気味にするの。それに肘を上げるとポジションが変わるから弾きにくいと思う。」
腕はなるべく水平に移動して、跳躍がきついところは手の形はそのまま、次の音型の上にすばやく置くようにする。
先生「ベートーベンの場合はペダルを使うので、そんなに気にしなくても大丈夫よ。」
なんだ~!ペダルね~(・∀・)

親指を手の中に入れるのは必要で、特に柔らかさが大事なようです。
私はアルペジオを上がる時はあまり問題ないんですが、下降する時にガタつく…。
先生「上がる時の軌道と同じ状態で戻ってくればいいんです。」
やってみたけど、よほど意識しないと同じ状態で戻れない。
特訓が必要です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルペジオを弾くのに指の長... | トップ | バッハ・シンフォニアを弾く... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。