韓国 (0^□^0) 日本 遠距離恋愛 おっぱに恋をして…゜゜Happy Stay.。.☆.。.:・☆.

DOUBLE HEART ココロで 向き合うことを常に大切に、かれとわたし、これからも2つのココロで歩んでいきます!

きのうのはなし パート 834 【第一線から退いていました件。】

2016-10-17 07:07:07 | きのうのはなし
にほんブログ村

 私くし・・・
 可愛くてきれいな女子が 好きでしてね。
 自分にないものを持ってるので
 憧れてるといいますか。

 それでよく
 周りの女の子の外見を褒めますの。
 芸能人とかじゃなくて・・
 身近な女の子のこと。

 「○○ちゃん、カワイイー!」 って。
 しかも、 本人にもいいますが
 裏でも 言ってるものですから
 その言動に 真実味が増すようで。

 彼の友達、ユンさんに
 「パピコはマジでレズじゃないの!?」
 と、数年に渡り、言われています。

 つい最近も
 友達と美味しい カルビをたべながら
 共通の知人のことを
 「めちゃキレイだわー。」
 て言ったら、 またもやレズ疑惑。

 友達にしたら、女が女を
 「カワイイ」とか 「キレイ」とか言うのが
 どうしても 理解できないようなのです。

 ・・フツーに言いますよね?
 こんなんで
 レズの疑いを 持たれたらたまりません!

 彼は彼で ほめるのは、必ず男性!
 レズ疑惑の女とゲイ疑惑の男の カップルって
 ・・・最悪じゃないじゃね?

 だからね、私、 言ったんです。
 「フツーに 言うんだって!」

 言えない人は 対抗意識があるんじゃ?
 と思う私。 で、 その場にいた ほかの
 友人にも同意を求めました。

 「フツーに 女が女を
  カワイイって言うよね?」
 すると、その友人(関西人)
 しばし考えた後・・・

 「おばちゃんが よう言うな。」・・て。

 は? おばちゃん?

 100点をとってしまった のび太君のように
 頭をかかえてしまったわー

 ち、違う! 心に ヨユーがある女なのっ!
 はっ!! もしや おばちゃんの心に
 ヨユーがあるってこと?

 その後
 「なぜ おばちゃんは
  心にヨユーがあるのか?」

 「なぜおばちゃんは
  他の女が カワイイと言えるのか?」

 ということについて
 一人で考えてみたんです←かなり暇人
 ・・・出た答えは

 女としての、第一線から退いている。

 もうね、 女としての戦いを諦めてるの。
 外見での戦いを諦めてるの。
 外見の美しさっていうのが 自分とは
 関係のない 次元の話になってますから

 素直に、他の子の外見を褒めることが
 できるんじゃないかって。

 この説、どうでしょう?

 最近、 私の友達が彼と別れたんですが
 その子、ものすんごくかわいいの。
 私の友達の中でダントツ1番で
 友達は 純粋に彼だけみてきたのに。

 貴方は悪くないんだから、いろんな人と
 付き合いなさい。あなたの年齢考えたら
 そうすべきだ。と とある人にいわれたそう

 こんなこと いってくれるひと
 なかなか いないんじゃないかと思います。
 私もおなじ気持ちだといいました。

 私が 余計なこという立場じゃないですし
 彼女自身が 変わらなきゃ 意味ないんですが
 非常に魅力的な彼女が、女性として
 自信をなくしている要因は
 彼の態度にあると思ったから。

 だから、私もたくさんの方とデートする!
 という意見、賛成ですね。
 30代すぎると たくさんの人とデートも
 なかなか 難しいかもしれませんが。

 私にもし、娘ができたなら
 彼を愛し彼につくすより
 まず何よりも 自分を愛してあげなさいと。
 いい聞かせると思います。

 尽くすの結構、でも 自分を犠牲にしてまで
 尽くすのは だめじゃないかと。
 私は自分の経験を武器に、娘に

 「いい。娘よ。 自分中心に行きなさい。
  誰もが 自分中心にいきてんだから
  彼にあわせるなんて損よ。
  愛される人と結婚なさい。」
 ・・と語るでしょう←妄想炸裂中~

 自分中心。
 やりたいようにやり、人には迷惑かけず
 自分を好きになってほしいと思います。

 私もあんまり・・
 自分に自信がないほうなんですが
 みんなにあいしてもらい・・
 最近・・自分が好きなりつつあります。

 さて、そんなパピコさん。
 まさしく素直に他の子の外見を
 褒めることができるよう。

 やっぱ・・・
 おばちゃん化してるーー
 今後はちょっと 周りの子に
 対抗意識を 燃やしてみようと思います。

 てか、すでに不戦敗じゃねえ?

 彼の脱ぎたての ヒートテック!
 ももひきを 首に巻いて
 よろこんで遊んでいる私~

 本日も
 最後までお読みいただきまして
 本当にありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きのうのはなし パート 8... | トップ | きのうのはなし パート 8... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL