白いチワワとの毎日

愛犬を中心に管理人の日常や旅、マイ・ブームについて

オンフルール ミシュラン2つ星レストラン サ・カ・ナ SaQuaNaでディナー その1

2014年07月24日 | 2014 フランス ノルマンディーの旅

オンフルールに来た目的はこちらのレストランでのディナーです。

日本のMichel BRASでシェフを務めていたAlexandre BOURDAS氏が
奥さまの故郷オンフルールに開いたお店です。

店名のSa/Qua/Naは日本語の「サカナ」を文字ったもので
SAveur(味),QUAlite(質), NAture(自然)の頭をとっています。

木~日の週末だけの営業で、予約は電話しか受け付けません。

オンフルールの旧ドッグはコペンハーゲンのニューハウンのようでしたが
こちらのお店も北欧テイストです。 

窓側のテーブル席にすわりました。

ナイフはオリジナルラギオールでナイフのみコースの最後まで同じものを使います。

サービスの男性もマダムもとっても感じがよいです。

メニューは8品のオリーブと、5品のサクランボ2つのみ。

せっかくなので8品のオリーブにしました。

アミューズは2品ありました。

和食を中心にアジアンテイストも入ったお料理。

そして、こちらが名物のアミューズであるパスカード。

あまりの美味しさに半分食べてしまってから撮影しました・・・。
ほどよく甘くて生地がサクサクで本当に美味しいのです。 

シェフの出身地 オーベルニュ地方のクレープで、生地にシブレットを混ぜたものを
焼きあげてトリュフオイルをかけたものです。 

the Monkfish

ライムとコリアンダー、ココナッツが効いたアジアンテイストなお味。
コクがあるのにさっぱり、すっきり。白身魚はふっくら。
やみつきになるような味でした。 

the Oysters

大根で巻いちゃうあたり、和食に影響を受けています。

これもめちゃくちゃ気に入りました。

the Salmon from Lsigny 

海苔や山椒が使われていて、合うの?と思いましたが絶品でした。

the Sea-Bream

白しめじを使っています。これももう参りましたの美味しさでした。

the Beef

フランス産の牛肉 ホワイト&グルーンアスパラ

そしてヘーゼルナッツオイル!

SaQuaNaの独創的な素材の組あわせに驚き、その美味しさに言葉を失いました。

オンフルールまでわざわざ食べに来た甲斐がありました。

チーズ&デザートに続きます。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美しき港町 オンフルール | トップ | オンフルール ミシュラン2... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こってりより (ひろ)
2014-07-25 16:43:50
美味しそう(^.^)

年とともにこってりよりさっぱりが美味しいと感じるね。
日本人好みのお店だけど、欧米にも人気なの?
モダンでステキ。
美味しかった (エル)
2014-07-25 20:57:38
ひろちゃん、こんばんは!

この前はありがとう!

うん、本当に日本人好みの味だった。
お客様のほとんどが欧米人だから、むこうの方々にも
合う味みたい。
京都にできたら行きたいわ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL