白いチワワとの毎日

愛犬を中心に管理人の日常や旅、マイ・ブームについて

千葉・佐倉で北欧に出会う

2017年01月22日 | 犬とおでかけ

佐倉にある「カフェ ソケリ Cafe Sokeri」

北欧家具や雑貨に囲まれたおしゃれなカフェ。

かつての米蔵を改装した空間でSHOPも併設されています。

店内は大きな窓で明るい空間。

ペットはテラスのみ同伴Okです。

ねむねむです。

シェフが作る自慢のイタリアンをいただきました。

前菜

メインはお魚にしました。

とても美味しかったです。

食後はハーブティーでほっこり。

佐倉へ来た目的は温泉。

前日も午前様だった夫は疲れが取れない温泉入りたいと言い出し・・・。
すでに10時すぎていて、この日も夕方から新年会だったので1時間で行ける温泉を探しました。

みつけたのは先月OPENした日帰り温泉です。

綺麗だしお湯もよく、竹林を眺めてのんびり露天風呂を満喫しました。
お風呂から上がって夫と並んでマッサージ。

温泉の後はカフェソケリで教えてもらった姉妹店のカフェシュクル。

スタッフがとても親切です。ストーブやふかふかブランケットを持ってきてくれました。

4ヶ月のダックスちゃんを飼っているお店の方が

「何ヶ月ですか?」って・・・えっ?7歳半ですが・・・。

よく赤ちゃんと間違えられるロチュ

夫は「チワワ界の安達祐実ちゃん」と言ってました(汗)

ロチュは体は大きいのだけど顏が童顔。

 

大きなオリーブの木。

アラビアのコーヒーカップやイッタラのオリゴ。私の好きな食器です。

こちらはワッフル専門店。サクサクで美味しかったです。

南青山にもお店があるそうなので行ってみたいです。

産直野菜を買って帰ってきました。

このコースは気に入ったので再訪したいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エリザベート スペシャル・ガラ・コンサート 観劇

2017年01月21日 | 観劇

『エリザベート』宝塚上演20周年を記念したエリザベート スペシャル・ガラ・コンサート
をオーチャードホールで観てきました。

アニバーサリー、モニュメント、フルコスチュームといろいろなバージョンや組み合わせがありましたが
私が観たのは・・・・

2007年に上演された雪組公演、水夏希さんトートのフルコスチュームバージョン。

みなさん全然変わらなくて本当にびっくりです。

水さんのトートは手のタトゥーまで当時のままで、まさか再び観られるとはと大感激でした。

白羽さん、凰稀さん、未来さんはもちろん、立ともみさんのマックス、蓮城まことさんのジュラが妙に嬉しかったです。
初風さんも月組で真琴つばささんの下で頑張っていらしたころと変わらず本当にお若い。
湖月わたるさんも相変わらず男役そのもの。

とにかくうまかったのがマダム・ウォルフの美穂圭子さん、ヴィンディッシュ嬢の七瀬りりこさん。

美穂さんは初演のマダム・ウォルフですが改めて初演キャストの素晴らしさを実感しました。
初演のキャスト、番手と役とのはまり具合が最高だったからこうして何度も再演されるのだと思います。

出演者が少ないので皆さん色々バイトしてらして、いろいろな場面にご登場されていました。

何度もカーテンコールがあり、最後はスタンディングオベーションで客席と舞台が一体化。
水さん現役トップ時代の初日や千秋楽を思い出しました。

観られて本当によかったです。

これだけのメンバーが集まったので『カラマーゾフの兄弟』も観たいと思ってしまいました。

***************************************

ロシア文学で思い出しましたが・・・

最近海外ドラマにハマっている私。

NHKで放送された『戦争と平和』を楽しみに見ていました。

宝塚で上演された『戦争と平和』も観ましたが、アンドレイの日向薫さんの美しさと
アナトールがナターシャを誘惑するオペラ座の場面ぐらいしか記憶がなく・・・。

録画して夜中にまとめて少しずつ見ました。

ナターシャのリリー・ジェームズは実写版シンデレラの方で本当にお姫様フェイス。

しかしこの話って主要人物の性格に問題がありすぎます。

ナターシャはとにかく自由奔放で自分本位。
ピエールも気弱な小さい男で好きになるのは自分に似合わない華やか美女の見た目重視。
ニコライはカード賭博で負けて家系を逼迫させるバカな上にあっさりソーニャへの
想いが冷めてお金持ちのマリアと結婚する最低男。
マリアも父親が元気な頃は陰気でメソメソした暗い女性だったのに父親の財産を相続
した途端に変貌。お金の力でニコライゲット!!

なんだか全然共感できません。

一番心に残ったのが、両親を亡くし従姉のナターシャ一家に世話になっているソーニャという女性です。
誰よりも家族の一人一人を気にかけ想っていて、ナターシャの兄ニコライと愛し合っている。
逼迫した家計を救うために何としてもニコライにマリアと結婚してほしいニコライの母。
ソーニャは全てを理解し、自ら別れの手紙をニコライに送ります。
その手紙を読んでホッとするニコライに、こんなバカ男と別れて正解と思いますが、
ソーニャはずっと心の中でニコライを愛し続けるのでしょうね。

ドラマのラストシーンでピエールとナターシャ、ニコライとマリアの子供達とナターシャ一家が
幸せそうにガーデンパーティをしています。そこにソーニャの姿もあってニコライとマリアの子供たちの世話係になっているのです。

本当に無神経なナターシャ一家。

ソーニャはニコライ一人を愛し、他の人とは結婚したくない。
ニコライのそばにいたかったのでしょうか?

ソーニャ生き方が不器用すぎます。

自分さえ我慢すればいい。人に迷惑をかけないように生きよう。

あのナターシャ一家に幼い頃から世話になって自ら悟ってしまったのでしょうね。

とにかくナターシャ一家とピエールにイラつき、ソーニャが不憫な話でした。

小説の中でナターシャがマリアにソーニャのことをいちごの花にたとえ「むだ花」と表現します。
ひどすぎる。ナターシャはアナトールの罠に引っかかり不幸を経験したほうがよかったかも・・・それを救ってくれたソーニャに対して「むだ花」とは(涙)

ハマり体質の私。しばらく海外ドラマブームは継続しそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東洋文庫 Orient Cafe オリエントカフェ

2017年01月20日 | おでかけ

東洋文庫ミュージアムに併設のカフェ「Orient Cafe」

小岩井農場のレストランです。

こちらで限定10食のお重をいただきます。

文庫ランチ 「マリーアントワネット」

マリーアントワネットの蔵書をデザインしたお重

樹齢115年の古い杉を使用して作られたそうです。

中は意外にも和風。

とっても優しいお味で美味しかったです。

お重はサラダ、スープと

コーヒーか紅茶がつきます。

私の住んでいるマンション系列の特典でデザートもサービス。

こちらはペット不可ですが、パーキングもゆったりして気に入っています。

今年はロシア革命から百年。東洋文庫では現在「ロマノフ王朝展」を開催しています。
それを記念したロマノフセット(ロシア風ロールキャベツ)もとっても美味しかったです。

ロシアのビール「バルティカ」もあるし、ミュージアムSHOPはまるでロシアのお土産屋さん。

ロシア好きとしては嬉しい場所です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

初カフェと新年会

2017年01月11日 | 日常

元旦のランチは日本橋へ。笑ってしまうほどガラガラ。

マンダリンオリエンタルカフェ。

ソファーの横にストーブがあってポカポカ。

気持ちよくてウトウト。

サンドウィッチとケーキ、のんびり紅茶をいただきました。

そして年明け恒例のプチ・同窓会。

サンフランシスコ、パリ在住の友達が帰国するのにあわせて同級生たちで集まります。

今年は半休を取ったMちゃん、サンフランシスコ在住のHちゃんとホテルのラウンジで早めに待ち合わせ
おしゃべりを楽しんだ後に新年会会場へ。

最初は数名だったこの会も今回は13名が集まりました。

これだけ集まるとうるさいこと。よく笑いました。

2次会はカラオケ。

カラオケをしに行ったのではなく、話すためですがうるさいであろうと個室重視。

あっという間でした。

また来年のこの会でしか会わない人が半分以上。また来年ね~。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年末築地場内市場買い出し

2017年01月06日 | 日常

豊洲市場延期のゴタゴタで思いがけず築地場内市場で年末買い出しができました。

私のおせちに彩りを添えてくれる「角山本店」の飾り生麩。

買い出しの後は毎年二人でうな重と決めています。

その後、うおがし銘茶で茶器を見ながらお茶をいただきました。

午後からはすっかりハマった「Walking Dead」の出演者が来日するイベント会場へ。

2ショット写真、サイン、トークショーは事前にチケット購入する必要があり
キャストのいる会場へはチケットを持っていないと入れません。
そこまでは・・・の我が家は雰囲気だけでも味わえればと思っていました。

会場へ行く前にカフェでお茶。

そこへなんとグレン役のスティーブン・ユアン氏が入店!!

スケジュールのキャストお昼休憩予定からかなり時間ズレてます。ラッキーすぎる!

しかもスティーブンさん普通に並んで席の案内を待ってました。
役そのままの良い人そうな方。

グレン~!!グレンのいないシーズン7がつまらない。

ドラマの世界に入りこんだような錯覚に陥りました。

会場ではグッズ販売等がありましたが、ほとんどが写真。

しかもグレン中心。スティーブン目当ての女子がほとんどでした。

ゾンビや憎きニーガンのコスプレしたスタッフが会場にいてにぎわっていました。

来年はダリルに来日してほしいです。

年末最後のトリミングを終えたロチュを迎え、大掃除にそなえケルヒャーを取りに会社に行きました。

もりだくさんな一日でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加