Cafe de Kerm ~毒味ブログ~

物言いにも、珈琲にも、もれなく毒が混入している可能性が無いこともないです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Microsoft、無償セキュリティソフトを企業にも提供

2010-09-25 23:59:59 | PC

 セキュリティソフトはWindowsを使う上で、避けては通れないコストとなっています。個人で使うなら、無償のセキュリティスイートでも問題はなさそうですが、企業での利用の場合、クライアントの手前もあり、ある程度は名前の通ったセキュリティソフトを使いたくなるのが人情というものです。

 ある程度名前の通ったセキュリティソフトとなると、当然毎年のライセンス更新という固定費がかかってきます。数台ならまだしも、まとまった数だと結構な金額になってきます。このご時世ですから、減らせるものなら減らしたいものですね。

 そんな折、Windowsの発売元であるMicrosoftが、個人ユーザー向けに提供していた無償セキュリティソフトである「Microsoft Security Essentials」を、小規模の企業向けにも提供するようになりました。

Microsoft、無償ウイルス対策ソフトを中小企業でも利用可能に Internet Watch

 米Microsoftは22日(米国時間)、個人向けに提供している無償セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」を、10月初旬より中小企業でも利用できるようにすると発表した。最大で10台までのPCにインストールできるようになる。
 -中略-
 従来は、家庭、またはホームオフィスでの利用に限られており、企業その他法人での利用は認められていなかったが、今回、ライセンス条項を改訂し、運用コスト削減、生産性改善などの高い圧力にさらされている、中小企業での利用を可能にしたという。

 もともと企業向けにもセキュリティソフトを提供してきた同社ですが、今回の行動によって、中小企業のWindows離れを食い止めるよう「予防措置を張った」とも読めます。・・・他のクライアントの手前、MacやLinuxに移行するのも難しいとは思いますけれど、固定費の減免という視点で見ると単純に中小企業にとっては優しい措置と言えるかも知れません。

 ただ、今回の行動は「Microsoftオフィシャルのセキュリティソフトが他社製品に攻勢をかけてきた・・・しかもタダで」ともとらえられかねませんからね。他社からの反応が気になるところではありますが、積極的にコマーシャルをしている訳ではないですから、これまでと同様、放置でしょうかねえ・・・

『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「短いメール」のススメ | トップ | アプリケーションのプロトタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。