Cafe de Kerm ~毒味ブログ~

物言いにも、珈琲にも、もれなく毒が混入している可能性が無いこともないです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3冠!ディープインパクト

2005-10-23 21:29:16 | Weblog
 まず断っておきますが、私はギャンブルは全くと言っていいほどやりません。パチンコ、パチスロ、競艇、競輪はもちろん、宝くじも買いません。
 しかし、その私が例外的にやっているギャンブルがあります。それが競馬のG1レースです。

 ギャンブルとはいえ、お祭り的な要素が大きいので、かける金額も「参加する」程度に抑えるのですが、それでも予想は真剣にやります・・・大方ははずれるんですけど。

 さて、今日はディープインパクトと言う馬が3冠を達成しました。しかも、今までに出場したレースに、すべて無敗という大記録です。各スポーツ新聞は明日の第1面で報じることでしょう。・・・もしかしたら日本シリーズに押されて2面か最終ページかもしれませんが。
 ディープインパクトの人気はすさまじく、馬券の払い戻しは1.0倍。つまり、たとえ勝ったとしてもかけた金額しか戻ってこないという、まさに異常な事態になりました。「伝説の再現に立ち会いたい」というファンの意気込みが伝わってくるようです。

 三冠とは、イギリスの伝統的なレースを模した、桜花賞、皐月賞、優駿牝馬、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞の5つのクラシックレースのうち、牡馬が出場できる皐月賞、東京優駿、菊花賞の3つのレースを制覇する事を言います。ちなみにこれらのレースに出られるのは3歳馬のみ。つまり、一生で一度きりしかチャンスがないのです。

 皐月賞が開催されたのは1939年から。ダービーは1932年、そして菊花賞は1937年からですから、三レースがそろって開始されるようになったのは1939年から。途中中止などもありましたが、通年通して開催されたのは全部で65回。それに対して現在までに三冠を達成した馬は、

セントライト(1941)
シンザン(1964)
ミスターシービー(1983)
シンボリルドルフ(1984)無敗で達成
ナリタブライアン(1994)
ディープインパクト(2005)無敗で達成


の6頭のみ。その中でも無敗で達成した馬はシンボリルドルフと、本日達成したディープインパクトの2頭だけ。単純な確率なら、三冠馬はまさに10年に一頭、無敗ともなるとそれこそ50年に一頭とでも言うところですから、そりゃもう大変なことです。

 菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われており、名実ともにディープインパクトは3歳最強の名を手に入れました。次からは名だたる古馬に囲まれながらも、きっとすばらしい活躍を見せてくれることでしょう。

 それにしても、今回は馬券の予想は楽でした。なんて言っても1着が鉄板でしたからね。私は男らしく7-4の馬単一本2,000円の勝負でした。さてさて、結果の方は・・・


 ・・・!アドマイヤジャパンってなんだよう!

参考文献
Wikiペディア
はてなダイアリー
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 即席ラーメン「マルちゃん」... | トップ | バグは誰の責任なのか »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
強かった (たる)
2005-10-24 01:12:30
3000mかつ前半かかってたのに

最後の伸びは素晴らしかった

見てて思わず声が出ちゃったよ



走り終わったあともぜんぜん余裕に見えた

ほんと凄いよねぇ
中継は (kermount)
2005-10-24 20:11:00
実は見ていなかったんだけど、報道されている内容を見ると、本当にすごかったんですねえ。

10馬身ひっくり返せる馬はなかなかいないですから。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ディープインパクト、ルドルフ以来21年ぶりの無敗で3冠達成! (不細工な不ログ)
一番早い馬がかつ皐月賞 一番運のいい馬がかつダービー 一番強い馬がかつ菊花賞 三冠のディープインパクトは すべてを兼ね備えていたって事です。
無敗の三冠馬 ディープインパクト (へびー)
第66回菊花賞、ディープインパクトが2馬身差で勝利。 1984年のシンボリルドル
三冠馬誕生! (地下鉄さっぽろ駅下車徒歩5時間)
競馬歴10年の僕は、ちょうど94年のナリタブライアンのクラシックを生で見ることができなかったので、三冠馬とはどんなに凄いものなんだろうと、ずーっと見たくて見たくて仕方がなかった。そして、その夢がついに叶う日がやってきた。
‘1冠馬’ミスターシービーを見て逝った寺山修司が三冠馬ディー... (なりぽん@厭離庵)
ボクは自分の職業をきかれると、寺山修司と答えていた訳だけど、それはそれで自分が自分であるためには、みんなにはわからないような葛藤があった訳で・・・ボクが初めて短歌を作ったり、その後も、色々な実験的な試みをしたりする訳だけど、そこでいつも考えたのが、どれ...