KERC活動日誌

柏アーリー・リコーダー・コンソート
古楽リコーダーアンサンブルの日々あれこれ

2017年6月17日 練習日誌

2017-06-18 08:30:05 | 練習日誌 2016~ 

本日も、新たに1名の見学の申し込みがありました。前回に続いての見学の申し込みにちょっと緊張です。今日は、KERCきっての若手が急きょお休みとなって、私はちょっと不安。ですが、逆に今回お休み予定のガンバさんが出席出来たので一安心でした。

  午前の部
  場 所:豊四季台近隣センター 会議室C 
  出席者:3名、見学者 1名
  活動内容:高橋明日香先生によるアンサンブル・レッスン

 《練習曲》
  ・Tarquinio Merula/Canzon seconda 'La Lusignuola' - Canzoni a quattro voci per sonare con ogni sorti de strumenti mucicali Libro primo (1615)
  ・Tarquinio Merula/Canzon 4 'La Merula' - Canzoni a quattro voci per sonare con ogni sorti de strumenti mucicali Libro primo (1615)

今日は、先生がお見えになる少し前に見学に来られた方(Kさん)を入れて、Cazon seconda 「うぐいす」 をゆっくり練習を始めました。見学のKさん、一人でリコーダーを楽しんでいるとの事でしたが初見で大丈夫でした。先生がお見えになり、Cazon seconda よりのレッスンとなりました。今日は、この曲は、2回目のレッスンですが、先回お休みで、初めてのメンバーもいました。
うぐいすの感じを表現する事。自由に動くところ。短めに演奏するところ。また、滑らかに演奏するところ。フレーズ、カデンツ。気をつけるところが一杯です。
続いて, ’Canzon 4 'La Merula'。 この曲は、レッスンは、5回目位でしょうか。大分、出来るようになってきました。私は、テナーパートを担当してきましたが、今日はNさんがお休みなので、バスパートを担当しました。曲の途中で、拍子が4分の3に変わるか所で、テナーパートで私には大変難しいリズムの場所があります。何度も集中指導を頂きながら、未だに不安ですが、バスパートにはこのリズムありませんでした。ラッキー!これなら大丈夫。よく楽譜を見ると、この面倒はリズムは、テナーパートだけでした。細かく動くパートが主になるところは、他のパートは音を抑えめにしたり、短めにしたりでバランスを取ること。指摘されながら演奏するとさらに曲が楽しくなります。
見学参加のKさん、すごい。テンポも上げても充分一緒に演奏出来たようです。これからも、また、機会がありましたら一緒に楽しみたいです。

午後の部
 場 所:豊四季台近隣センター体育館 会議室
 出 席 者:3名、ゲスト参加(先回見学)1名
 活動内容:自主練習

 《練習曲》
   ・Giorgio Mainerio(c1530_1540 - 1582)/1.La Billiarda, 2.Pass'e mezzo antico
   ・G.P.Telemann/Tafelmusik Second Production No.2 mov.1 、mov.4
 ・Tarquinio Merula/Canzon seconda 'La Lusignuola' - Canzoni a quattro voci per sonare con ogni sorti de strumenti mucicali Libro primo (1615)

午後は、今回も会場を移して自主練習。前回見学に来られたSさん、今回は2回目なので、ゲスト参加にしました。今日は、ソプラノ、アルト、テナー 3本お持ちになりましたので、それぞれ使って頂きました。初見大会みたいな午後の自主練習ですが、Sさんも一緒に楽しめたと思います。KERCはしばらく本番の予定がありませんので、ゲスト参加の方も来られて楽しめました。
誰でもすぐにお友達になれるようでとても嬉しいです。

楽しい一日でした。


  
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 6月、7月 日程と会場 | トップ | 7月、8月 日程と会場 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

練習日誌 2016~ 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。