KERC活動日誌

柏アーリー・リコーダー・コンソート
古楽リコーダーアンサンブルの日々あれこれ

2016年10月29日 練習日誌

2016-11-05 17:09:23 | 練習日誌 2016~ 

  午前の部
 場  所:旭町近隣センター 会議室B
 出 席 者:4名
 活動内容:高橋明日香先生のアンサンブルレッスン

GF Handel/Sechs FugenよりFuga  II,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ,Ⅵ
ハインリッヒ・イサーク 「天使、大天使」

 午前の練習は、ヘンデルのフーガの二番以降の練習。一通りやった後佐倉の木管フェスティバルの候補曲を
選びました。候補はⅡ,Ⅳになりました。
 選曲後、バランスが・・、との事でパート替えが行なわれました。
フーガなのでパートが変わってもパート毎の難易度が特段に変わる訳では無いですが、うーん・・、ちっとは
フーガ勉強しなさい!って事なのかも知れません・・。
 全体的に以前より曲の理解が進んで来ている気はします。
イサークの方は来年の門下生発表会に向けてと言う感じです。
こちらもパート替えにて音出しです。
再びまっさらと言うか・・、真っ青と言うか・・、久々にバスリコーダーを吹きましたが、恥ずかしい事にヘ音の譜面が
上手く読めなくなっていました・・何故なんだろう・・、不思議だ・・。

  午後の部
 場  所:旭町近隣センター 会議室B
 出 席 者:3名
 活動内容:自主練習

3声のリチェルカーレ JS.BACH
GF Handel/Trio Sonata Op.2-5

 午後の練習はグリ氏が所用で3人です。
3人での練習となると難易度やらで、色々曲の選定も難しく色々迷うのですがIさんがバッハを出してくれました。
曲は臨時記号が多く、曲中での響きが合っているのやらなんやら・・?再度挑戦しなければいけないかも知れません・・。
 後半はヘンデルのトリオソナタをパートを替えながら吹いてみます。
グリ氏が見づらいIMSLPの譜面から綺麗な譜面に作り直してくれました。
ありがたいですね・・。これに小節番号が振ってあったならホント神です!
(いや、要求している訳ではないです・・ ^^;;、本当に感謝してます。)

 30年程前、FMで流れていたこの曲をヘンデルってカッコイイな!と思い、それを今音出し出来るのは全くもって
感慨深いです。
今はまだテイストを味わっている状態ですが、又3人の時には音出しし少し詰めてみたい感じです。

    《J》



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2016年10月15日 練習日誌 | トップ | 11月、12月 日程と会場 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

練習日誌 2016~ 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。