トラカメの「明日もバイクに乗れたらいいな!」

リターンライダートラカメの、バイクに乗りたい!って気持を気まぐれに書き込んだ場所です。

ストマジ110にYZ80のフロントフォーク移植! 忘備録

2017-01-03 01:15:22 | ジムカーナ


いろんなことが中途半端に
なってしまっているトラカメです。

毎度~~

しばらくストマジの記録がなかったので
忘備録として残すことにします。


2016年9月、フォークの移植が終わって
キャリパもパットもYZ80用を使用し
新しいパットを装着したところまで
書きました。

フロント回りが無かったので
給排気系や駆動系の変更も
チェックできずにいました。

デイトナのエアクリ装着、
KRSサイレンサーの変更、
デイトナシープ装着
カメファクプーリー(トルクカム)装着
トルクカム部のスプリングに
ベアリング追加
トルクカム部のスプリング強化
バッテリーレス化し
カメファクCDI装着。
リヤサスもカメファクにし
フロントブレーキのマスターシリンダも
変更しておりました。
そういえば、チャンバーも
エキパイが割れてパテ埋めしてました。

まだ冬になる前、11月半ばに
これらのチェックをしてみました。

これだけ派手に変更しちゃうと
良くても悪くても、
何が原因かわかりませんな。

ついでに
以下に「ジムカーナ」の走行で
例える部分がありますが
トラカメは、一番下のクラスの中でも
早いわけではなく
練習もせず、最近は出場もしていない
ただのオッサンなので
そんなつもりで流してください。



《音など》

まずは、エンジン始動。
この時は原因不明でしたが、
始動性が悪くなりました。
今はバッテリーレスですが、
今までなら、
チョーク引いてセルで1発、
キック2~3発。
今回はキックを何度も繰り返しました。
後から気が付きましたが
キャブフロート設定が悪いようで
オーバーフロー気味の様です。
追々調整します。

とりあえず、
エンジン始動すれば問題は無し。

給排気は爆音のままでしたね。
一応、デイトナエアクリは
ノーマルエアクリボックス加工品に
入れこんだのですが
吸気音軽減には効果無かったようです。
エキパイの排気漏れは無さそうでした。
サイレンサーの効果は
…交換前と変わりません。
結局重くなっただけでしょうか。
走らなくても
爆音は分かっていたのですが、
公道を走っていると気になります。

駆動系の影響で今まで以上に回さないと
走らなくなたことも心配点です。

あまり公道を走る予定はないので、
ひとまずこれで完了。


《駆動系》

加速性は?

多少良くなりました。

元々、エンジン自体も高回転型設定で
クラッチシューは
カメファクの軽量品を組んであり、
WRも軽めのセットにしておりました。
(今までのシープは
ノーマル改の最高速アップ仕様)
タコメーターが無く数値は不明ですが
今まではピークパワーの出る回転の
70%くらいでクラッチミート、
それでも十分トルクがあるので
ガンガン加速してトップスピードまで
伸びきる感じ。
私はアクセルをただ開ければ良い。
最高速近辺は、
エンジンは回り切っている感じで
ミッション車なら
「もう1速あればさらに」な感じ

…だったのですが…

今回、クラッチシューも軽量化品のまま
WRも元のセットのまま組んであります。

シープの特性もあって、
クラッチミートの回転が
80%以上になったのでしょう。
スタート前から爆音増加です。

スタートからすでに
ピークパワー近いのですから
そりゃあ加速も良くなります。

今までだって、停止からのフル加速は
多少前のめりでフロント荷重しないと
フロントが浮きそうだったのに
変更後はさらに極端に前荷重しないと
まともにアクセルを開けられません。

ジムカーナなどでは
今までもフロントが浮いてしまって
加速の時にはビビっていたのですが
それ以上に開けにくく
ビビりなトラカメには難しい設定です。
WR変更でどこまで調整できるか…
ノーマルのクラッチシュー使って
クラッチミートを低回転にできるのか?
加速を遅くしたいだけなら、
ハイギヤ化で対応できるのか?
(一応、カメファクハイギヤ所有)
エンブレに過大な期待はしていないが
アクセル戻して早めにクラッチ切れて、
再加速でまた高回転で繋がっちゃうと
扱いが面倒そうな気がしますね。

ちなみに
トルクカムは角度の緩い側で組み立て。

こんな状態だったので
ベアリング追加前後での
再加速の変化はよくわかりません。
(変化と言うのか、効果と言うべきか)
確実に再加速レスポンスは良いですが
ベアリングの効果かどうかが
解らないとの意味です。

今までは、パワーのあるエンジンでも、
再加速の際は一瞬もたついていましたが
今はほとんど感じません。
(1号機も同じベアリングを組んであり
 1号機のレスポンスからすると
 十分改善効果があるはずですが)

このままではパイロン巻いてからの
立ち上がりでウイリーしそうです。
(今までだってかなり危険だったのに)

リヤサスも固くなり、
フロントはダンピングも付いたので
立ち上がりにどのように影響するのか、
想像できません。


最高速は…
公道ですので実施していません。

正直、ブレーキが問題で、
万一のことが有るとまずいので。
いずれ、公道以外でトライしましょう。
0発進であれば、3桁までの到達時間は
早くなっているはずです。
ジムカーナでは
最高速はそんなに必要無いので
これだけあれば十分です。


《足回り》

今回、主に直線だけ、
且つ、加減速だけですが
感触はトータルとして良い感じです。

リヤは、ノーマルと比べて
少々ダンパーが利いた感じ。
正直、滑らかさがなくなって、
フリクションが増え
ダンパーが利いているように
感じているかもしれません。
なんかちょっと変な感触なのです。
ばねも固くなっているはずですが、
単体の差ほどは変化を感じません。
ちゃんと走らせないと、
何とも判断できませんね。

フロントは確実に良くなっています。
ノーマルがチャチすぎだったので、
解りやすいです。
ノーマルはばねだけで
(一応片側ダンパーが有るらしいが
機能はしていない)
ブレーキングも加速時も
ポヨンポヨンなのです。

全く良くなったのですが、
欲を言えばもう少し硬めが好みかな。
調整機構は付いていないので、
粘度変更で調整しなければいけません。
まずはこのままでOKとしましょう。

グロムに乗った時の、
ギャップでのあの突き上げ感も無く
(ノーマルの時から無かったですが)
可も不可もない、
いたってノーマルな感じになりました。


乗り午後地とは別に
足回りは心配していたことがあります。
トレールの変化です。

今回の変更で、ステムは
オンロードバイク用を流用しました。
Vガンマ250用です。
当然フォークは前にオフセットします。
同様に、フォークはオフバイク用です。
オフバイク用なので、フォーク自体で
タイヤの中心は前にオフセットします。

これを組み合わせると、
さらに前へタイヤ中心はオフセット、
つまりは、
トレールが少なくなるってことです。



トレールと直進性の関係は、
専門家の説明を参考いただくとして。

ただでさえホイールベースが短くて
低速コーナはふらつきが大きいのに、
トレールが減りさらに不安定になったら
まともに曲がれるのか?
まっすぐ走るのか??

試走では整備された凹凸の無い道路で
まっすぐ走る分には問題は無く
ゆっくり安全に交差点を曲がるなら
問題は無かったですが…

しっかりとブレーキして荷重掛けて
曲げるときはどうなるのか。
今からとても不安です。
(今はまだ、制動力に問題があり
試せませんでした)


《ブレーキ》

意外と問題なかったのは、
マスターシリンダ。
どこ製か知りませんが、作りが雑で
レバーの軸のガタが大きく
操作性を気にしていたが、
特に違和感はなくタッチも悪くなく、
合格です。


どうにもならなかったのが、制動力。

多少強引にあたり付けをしましたが…
このパットはダメです。
私には使い物になりません。

ジムカーナどころか、町乗りも辛い。
最高速トライどころか
制限速度だって不安を感じる。

キャリパ・ホースまで含め剛性感はあり
握った分の締め上げ感はあるのだが、
減速しない。
ディスクとの相性が悪いのか??
油でも巻き込んだか?
(もう一度脱脂してみよう)

もし改善できなかったらどうしよう。

特注のパットを作ってもらう?
大きな他車用から削って合わせる?
(そんな人もいると聞いたが…)
キャリパ―サポート作って、
ノーマルストマジキャリパー付ける?
(パットの選択がしやすいし!)

思案中です。


そんな感じで、忘備録でした!





ではまた


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あけおめ! | トップ | ストマジ110にYZ80のフロン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ジムカーナ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。