トラカメの「明日もバイクに乗れたらいいな!」

リターンライダートラカメの、バイクに乗りたい!って気持を気まぐれに書き込んだ場所です。

CAGIVA-MITO-7速車!原付34馬力復活の軌跡 「シェイクダウン」

2017-07-23 21:21:17 | MITO復活ストーリー
トラカメです。



ついにCAGIVA-MITO-7速車シェイクダウン。
やっとこの時が来た。

実に長かったが、実に喜ばしい!


洗車を済ませ、主にカウル周りのねじ増し締めを行い、
タンクにガソリンを入れエンジンを始動。

あっけなくエンジンは始動。

アイドリングが低すぎるので、調整。

感覚的には2000rpm以内にいると思うのだが、タコメータは3500rpmあたりを示す。
このところ、タコメータの付いたバイクに乗っていないので感覚が狂ったか?
いや、そんなことは無いはず。
単純に2倍くらいの回転を示しているように思える。
まぁ、その時はまたどう修理するか考えよう。
今肝心なのは、まだ多く残されたネガな部分を、走らせてチェックすることだ。


結局、自賠責には5年入った。

まだ諦めない・チャレンジを忘れないための
今日の自分からの未来の自分へのメッセージでもある。



まずはガソリンスタンで満タンにする。
ちょうど燃料の警告ランプが点滅し始めた所だ。そこから10L入った。
リザーブの無いMITO、覚えておこう。

スピードメータは一応動いた。
実は、スピードメータもネガポイントだった。
前輪軸上に着くメータギヤ部分にクラックが有った。
構造をよく理解していないが、内部のギヤがきちんとかみ合っているのか?
そもそもメータギヤ、何かから流用しているらしく
ギヤそのものの回転止めがフォークに合っておらず、止まっていない。
(メータギヤのストッパーがフォーク側のストッパーの180°位反対にある。
PLANETは同じフォークを使用し、きちんとストッパー同志が組み合っている)
それ自体はあまり気にしていない。
我がストマジ2号機もメータギア部分の回転止めはせず使用している。

肝心なのは表示速度の正確さだ。
NSRでも随分と悩んだ覚えがある。
ギヤから出力される回転速度とメータの表示速度の関係は規格で決まっているだろうから
タイヤサイズに合ったギヤなら問題ないはず。
仮に、18インチ用だったらどうだろう。
本来ならタイヤの外径で考えなければいけないが、仮に、だ。
同じ速度でもタイヤの回転速度は遅くなるので、
その分、メータギヤの回転速度は速くなるように設定されているはず。

走行して確認すると、感覚的な速度よりメータの表示は大幅に上だ。
ハッピーメータとはいえ、感覚との差が大きすぎる。
何らかの方法で確認・補正しておくべきであろう。

タコメータも異常だと認識できた。

(昔の写真だ。懐かしい風景が写っている)

タコメータは11500rpmからレッドゾーン。

シェイクダウンであり、各部分のチェックがメイン、本来レッドには入れたくない。
しかし、10000rpm以下では全く加速しない。
PLANET以下だ。

宮ケ瀬へ行く途中、郊外までだましだまし走り、民家も人気も無いところで、薄々感づいていることを確認してみた。

レッドゾーンを超える。
全く加速しない。トルクの谷に入った感じだ。
タコメータの目盛が無くなるころ、まだトルクの谷から出切れない。
15000rpm(すでに目盛は無い)、やっと「それらしい」加速が始まり
17000rpmあたりから速度は伸びるが針は動かなくなり、
そのまま加速すると突然トルクが落ち、失火する。
(レブリミッターが付いているのか?単に回し過ぎか?)

やはりおそらく、2倍の回転速度が表示されておるようだ。

タコメータが無くてもシフトアップはまだ出来るが
シフトダウンでどこまで回転が上がっているのか分からない。
タコメータがこれでは先が思いやられる。なんとかせねば。

誰しも想像はできると思うが、パワーバンドをキープすればすこぶる元気は良い。
キッチリ回し切らないとシフトアップした時にパワーバンドを外してしまいそう。

もう一つ、想定していた通りなのが「音」。

チャンバーも吸気音も結構ウルサイ。個人的には嫌いではないが一般的には「騒音」だ。
民家の近くでは低回転を使うほか無い。
しかし、トルクの谷が酷過ぎて
5000~7500rpm(心のタコメータ)は使い物のならない。
色々とやっては見るが、キャブセッティングの知識など無いので、どうなることやら。
排気デバイスが作動することは確認したが、的確に動いているのか?



今日は曇り空だったが、宮ケ瀬は相変わらず2輪車で溢れていた。
いつも通りベンチでクラフトアイスを食す。
ダムの水位は相変わらず低く、これからの本格的な夏に向けて不安だろう。


今まで一人で来た時には触ったことも無かったが、こんなものを編む機械が展示されている。


津久井の名産品らしい。自分で動かして製作可能、おひとり様30㎝はお持ち帰り可能。

20㎝ほど作ってキーに付けてみた。



まだ時間は早いが、今日はシェイクダウン。家へ戻ることに。

途中、MITOの写真を撮っていないことに気が付き、相模川沿いの路肩で撮影。




PLANET用に購入したタンクバックが意外と役に立った。


ではまた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クイズ!CAGIVA MITO125 yellow | トップ | 答え合わせ~ ⇒クイズ!CAGI... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

MITO復活ストーリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。