建財社 STAFF BLOG

社員のキャラが丸分かり☆
現場から社員がお伝えします!

仙台青葉まつり

2016年06月05日 | 門間

先月14日(土)15日(日)第32回仙台青葉まつりが開催されました。

宵まつりのすずめ踊りは何度か見たことがありましたが、本まつりは

始めてみました。

昼頃仙台市民広場に行くと、仙台市や宮城県などの、伊達藩のうまいもの

や物産を集めた出店が軒を並べ、舞台ではすずめ踊りが行われてました。

 

二番町通りに移動すると、豪華絢爛な山鉾の巡業と

 

すずめ踊りが通過して行きました。

 最後のすずめ踊り大流しになんと孫も参加していました。

 長年途絶えていた青葉まつりを、昭和60年に復活し、今年32回を迎えたとのことです。

始めてみましたが、おおいに盛り上がったまつりで感動しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙台国際ハーフマラソン

2016年05月15日 | 門間

5月8日(日)仙台中心部で第26回仙台国際ハーフマラソン大会が

開催されました。

青空の下、13,336人が出場、宮城野区の市陸上競技場南側道路

をスタートし、同競技場にゴールする21.0975キロで争われました。

まず、東二番丁交番前で応援していると、10時05分にスタートした

トップランナーは10分後ぐらいに通過して行きました。

 

しばらくして一般ランナーがぞくぞく

一般ランナー全員通過する前に向かい側に移動。

すると、二番町通りと南町通りの交差点付近に高橋尚子さんが現れ、

一般選手にハイタッチで応援していました。

実は、息子が走るとのことなので応援に行ったのですが、行きでは全く

見つけることができませんでしたが、折り返し後の10キロ付近でようやく

みつけました。

午後になり、息子から「おかげさまで完走しました」のメールが入ってました。

晴天に恵まれましたが、気温が高かったのでランナーは大変だったと思います。

応援方もかなり日に焼けました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくらまつり

2016年04月24日 | 門間

16日 先週の土曜日 仙台は桜の満開が過ぎてしまったので

県北の大崎市岩出山にさくらを見に出かけてきました。

羽後街道を北上し、大崎市岩出山市街地手前の川沿いの堤防の

桜並木です。ここでも満開は過ぎた感じです。

 

街中の城山公園ではちょうど「さくらまつり」が開催されていました。

本丸跡の北西側にあるSL広場のさくらです。

 公園では政宗公のキャラクターも大活躍でした。

 伊達政宗公が仙台に移る前に居城していた場所なので、いい雰囲気の

公園でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女川町復幸祭2016

2016年04月03日 | 門間

先週の土曜日(3月26日)女川町復幸祭に行ってきました。

 昼頃の到着でしたが、JR女川駅前は大混雑してました。

まず、「女川町復幸祭2016」のパンフレットをもらいました。

駅前広場には「女川町復興まちづくり紹介コーナー」があり、震災からの

復興状況の写真が展示されていました。

女川駅すぐ前のステージではライブの最中で、大いに盛り上がっていました。

駅前の商店街も出店等で大混雑でした。

商店街の中にあるまちなか交流館前では「AWS」によるアカペラが行われていました。

「AWS」は震災後毎月女川町を訪れアカペラを届けているグループなそうです。

女川町のゆるきゃらも応援にかけつけ、盛り上がりは最高。

駅前以外は盛土の工事中で、復興途中が強く感じられました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康害さない飲酒ルールって?

2016年03月13日 | 門間

日経新聞先週の記事です。

アルコールと病気になるリスクはどの程度関連があるか、国立がん研究センター

の津金昌一郎センター長の話です。

「そもそもアルコールは体にとって“毒”。適量を超えた飲酒を長年続けていると、

様々な病気のリスクが高まる。」と津金センター長は言い切っています。

男性の飲酒量で見た場合、「時々飲酒(週1回未満)している人」を1とした場合、

「1日当たり日本酒換算で2合」飲む人のがんになるリスクは1.4倍

「1日当たり日本酒換算で3合以上」飲む人のがんになるリスクは1.6倍になるという。

これらの数値は、同センターが中心となって実施した多目的コホート研究によって

算出されたものなそうです。

 

この研究結果から見えた病気リスクを下げるカギは

① 酒の量

  日本人にとっての適量は1日23グラム(純アルコール換算)

  具体的には、ビールなら大瓶1本  日本酒なら1合

② 飲み方

  毎日飲まない(週に2日以上の休刊日を)

③ 食事

  野菜 果物をよく食べる

  塩分 糖分は控えめに

④ 禁煙  定期的な運動

   喫煙者は酒量が増えるに従ってリスクが著しく上がる

 

健康を維持しながら酒を飲み続けるにはリスクを最小限に。

上記リスクの中で、自分として一番きついのは②の毎日飲まないですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうほく蘭展&バラとガーデニングフェスタ2016

2016年02月21日 | 門間

先日「とうほく蘭展&バラとガーデニングフェスタ 2016」に行ってきました。

正面入口では洋蘭大型ディスプレイでは、胡蝶蘭の花を翼にまとったクジャク

が出迎えてくれました。

今年 蘭ディスプレイ部門で河北賞を受賞したのは多賀城市の田口洋蘭園出展

「春の芽生え」でした。

その他 受賞作 仙台市宮城野区のフローラル花ことばの「オーキッド・パラダイス」

特別展示としてとうほく蘭展 最高賞 「河北賞」 を5回受賞の斉藤正博氏栽培の

迫力あるカトレアもありました。

 

一足先に春を感じた1日でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年の干支

2016年01月31日 | 門間

平成28年の干支は年賀状でもうお使いになったとおり「申」です。

十二支は覚えやすくするために動物が割り当てられており、申年

には猿が割り当てられています。

本来、干支とは十干十二支のことで、10と12の最小公倍数である60に

あてはめられていきます。

本年の干支は十干が「丙」、十二支が「申」で、その組み合わせで「丙申」です。

「丙申」は「ひのえさる」、または「へいしん」と読みます。

 これは60個の中の33番目にあたります。

申という字の成り立ちをみると

「申」という字は稲妻の形で、左右に光が屈折している形を縦線の横に並べて「申」

という形になったといわれています。

この稲妻は天の神の威光を表した形で、神の発するものであるという考えから

「かみ」の意味となり、「申」が「神」のもとの字になったと言われています。

最後に、申年生まれの特徴を紹介しましょう。

器用で明朗活発。好奇心旺盛で要領がいい反面、落ち着きがないと

いわれています。

申年生まれの方いかがですか。違っていたらごめんなさい。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣

2016年01月10日 | 門間

1月1日の午後、塩竃神社に初詣に行ってきました。

午後なので少しは落ち着いたかなと思いながら行ってみると、何と

まだまだ参拝者の長い列が、

入口の「唐門」に行き着くまでに約1時間待ち

「唐門」の前で入場制限がかけられていました。

そして、唐門をくぐり本殿に向かうと、まだまだ人の波

本殿前で20分ほど待ってようやく本殿に到着、鈴を鳴らし、お願い事をする時間はほんの1~2分。

 

帰り道、境内で

冬桜が咲いているのを見つけました。

今年も良いとしでありますように

家内安全、無病息災、商売繁盛を祈願してきました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本実業団女子駅伝

2015年12月20日 | 門間

先週の日曜日(12月13日)全日本実業団対抗女子駅伝が行われました。

コースは松島文化観光交流館前から仙台市陸上競技場までの6区間42.195キロ

私は、6区の2番丁通り北日本銀行前で応援

1位でデンソーが通過

1分程遅れて豊田自動機器が通過

その後混戦

帰ってから結果を見ると

1位 デンソー

2位 豊田自動機器

3位 ユニバーサルエンターテイメント

となっていました。

当日はちょっと肌寒い日で、6区では雨も降り出しベストコンディションでは

なかったと思いますが、何と、7位までが大会新とのことでした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボジョレー・ヌーボー

2015年11月29日 | 門間

私はワイン派ではないのですが、この時期テレビ等で「2015 ボジョレー・

ヌーボー解禁」の話題を耳にすると何となく気になります。

たまたま、11月19日(木)夕方に酒屋さんに行くと、店先にいっぱい

ワインが並んでいました。

特にワインの知識もないので、一番手前に並んでいたワインを買い求めました。

ジョルジュ デッブッフ   ボジョレー・ヌーヴォー2015

「ボジョレーの帝王」 ジョルジュ デュブッフ氏が醸したヌーヴォー とありました。

「ワインに合うおつまみもどうぞ」とワインの隣にあったのでこれも.

 

足早に家に戻り一杯。

解禁日のワイン、フレッシュでフルーティな味わいを楽しみました。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加