kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

誰にも出来るブレーキ調整!

2017-06-17 09:18:58 | シャーシ

<正しい調整で制動力UP!>

昨日に続き、今朝も晴天に恵まれています。

一部では、水不足の懸念も出て来ている位です。

晴天続きの所為か、当ブログのアクセス数も過去最高を記録しています。

Gooでは訪問者ポイント(INポイント)も 517ポイントと過去最高なのです。

このアクセス状況は所謂、ソフトウエアーでカウントしていますから信頼性が有ります。

ランキングのINポイオント数とは、別物ですね。

(@_@;)

 

昨日に続き、お礼申し上げます。

 

そんなアクセス状況に気を良くし、今日は知識としては知っていましたが、実行が出来ていなかったブレーキ調整に付いてです。

コルドバンクスを始め、キャンピングカーのブレーキは効かない?

甘いと言うのが、常識のようです。

 

カムロード、ハイエース等がベース車輌である場合、フロントブレーキはディスクブレーキですね。

リアブレーキはドラム式と成ります。

ここまでは、皆さん充分御存じの内容だと思います。

 

フロントのディスクブレーキは、パッドとディスクのクリアランス(隙間)が自動調整されますから、定期点検を除き、特に異常が無い限り調整は不要です。

(写真の赤丸は無視して下さい。過去写真です。)

問題なのはリアブレーキなのです。

ドラム式 リアブレーキにもクリアランス自動調整装置が装備されています。

この事はカムロードの取説にも記載が有りません。

通常使用に於いて、リアブレーキの自動調整装置は車輌をバックさせた時に作動します。

しかし、この通常使用に於いて自動的に作動すると言うのがミソでして、作動が弱い状況が有るのです。

 

【リアブレーキ自動調整不足の影響】

リアブレーキのブレーキライニングは使用過程に於いて摩耗します。

摩耗しますと、ブレーキドラムとのクリアランスが大きく成り、ドラムのライニング面までの距離が大きく成る事からブレーキ使用時の空走時間が大きく成り、ブレーキ甘い、効かないに至ります。

 

本来で有れば、フロント、リアブレーキが共にほぼ同時に効く所ですが、フロントのディスクブレーキにばかり頼った制動と成る事からもブレーキ甘さを感じる事に成ります。

 

同時にサイドブレーキレバーの引き代が大きく成ります。

新車時よりサイドブレーキのワイヤー引き代調整はしていない場合、4ノッチ(引き時に発生するカチカチ音の数)程度引ける状態と成ります。

尚、基本的にはサイドブレーキワイヤー引き代調整はワイヤー部で行っては駄目です。

クリアランス自動調整を正しく行なえば、引き代も新車時と同等に復帰します。

 

まぁ~本来はこのクリアランスを自動的に調整するハズなのですが、弱いようです。

 

【誰にも出来るリアブレーキ調整方法】

ここからが本題です。

まず、フットブレーキの踏み具合を数字で表現して見ます。

全体を10段階としますと

5・・・・・通常ブレーキング時踏力

8~9・・リヤブレーキ自動調整時 踏力

10・・・パニックブレーキ(ロック状態)

 

ブレーキ調整時には、ある程度のスピードを出しますから、人、車等が居ない広い駐車場で実施して下さい

くれぐれも事故等には、厳重注意です。

 

<調整方法>

ミッションをバックに入れ、サイドブレーキは開放します。

後方、左右、上下の安全を確認し、バックで約時速5~15Kmのスピードを出します。

その後、フットブレーキを踏力 8~9程度で強く踏み、停止します。

 

これを2~3回繰り返します。

 

その後、サイドブレーキ引き代を確認し、1~2ノッチで効くよう変化して居ましたら完了です。

引き代の変化は、新車時よりワイヤー調整して居ない場合です。

有る程度のバック時スピードと、強いフットブレーキ力により、クリアランス自動調整装置を正しく作動させる事が出来ます。

 

クリアランス自動調整装置に付いては、また別途とさせて下さい。

 

尚、このリアブレーキ自動調整を行いますと、フロントのディスクブレーキパッド摩耗と同様に、ブレーキマスターシリンダーのブレーキフリュード液面が調整分だけ低下します。

カムロードのブレーキフリュード点検は何処で出来るか、御存じでしょうか?

 

運転席ドアーを大きく開きますと、見えます。

ブレーキ自動調整により低下しました、ブレーキフリュードは液面がMINラインより上に有れば、補充する必要は有りません。

黄色線がMINラインです。

赤線が液面ですね。

くれぐれも、後方の安全を確認し、リアブレーキ自動調整を行って下さい。

フットブレーキの踏み代の減少。

サイドブレーキの引き代減少を、実感して頂けると思います。

そして制動力も新車時に比較し、当たりの付いた状態すので、向上を感じる事も出来ます。

こんな事も忘れておりましたが、思い出し、やって見ますと効果が実感出来ました。

 

調整時には、後方確認をお忘れなく!

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の簡単レシピ | トップ | 温泉玉子キャラバン?! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やってみましょう (COMTECH)
2017-06-19 18:37:36
広いガラガラの駐車場に立ち寄る機会にやってみましょう。
COMさん (kenyじぃーじ)
2017-06-20 09:40:55
 いゃ~~挑戦される方が現れましたか?!
本来であれば、車輌のバック時にブレーキを掛ければ調整されるのですが、普通、大人しくフットブレーキを踏みますよね。

そうしますと、リアブレーキ自動調整が弱く作動し、結果としてクリアランス拡大を招くようです。

リアブレーキがドラム式の場合、乗用車で有れば軽四からハイエース、カムロードクラスまでほぼ同様の構造ですから、使い出の有る技なのですよ。

車重の重そうなオルビスには、効果てき面でしょう。

やるなら今でしょう!
鬼怒川堤防下の公園に走りましょう!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。