kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

我が家の簡単レシピ

2017-06-16 09:27:04 | 美味

<やはり砂丘ラッキョは パリパリ>

いゃ~~今朝の東海は、やや雲が多いものの晴れています。

 

昨日の山陰方面は、「美味しい、新鮮、お得」と誉めたせいか、過去最高のアクセスを頂いたような。

紙面を借りてお礼申し上げます。

(#^.^#)

こんな時は、液晶画面を借りてと言うのでしょうか?!

相変わらず、ボケたお話ですが、ラッキョだけはパリパリと行きたいのです。

折角、ブロ友さんからクーラーボックスまでお貸し頂いて、持ち帰りましたラッキョですから、早目に漬け込まないと傷んでしまいます。

本日は、秘蔵の我が家のラッキョ漬けレシピ公開です。

 

我が家のラッキョ漬け特徴は、何と言いましても「パリパリ食感」なのです。

本格漬けをしますと、ラッキョが柔らかくなり、もう一つお味が足らないような。

本来、ラッキョは生でも食べる事が出来ますからね。

ここは、やはりパリパリ食感なのです。

 

 

今年は男のラッキョ仕事だったのですよ。

 

流水でボールに明けましたラッキョを水洗いします。

購入しましたラッキョは、洗いラッキョですから、表皮?の剥けは少ないのです。

しかし、洗いますと、こんな表皮? らしきものが剥けるのです。

ラッキョが傷みますと、沢山出るようです。

当然ながら、この表皮が沢山でますと、重量が目減りしますからね。

 

しかし、一個一個手に取り洗い剥きます。

 

これが剥ける表皮です。

流し台の排水口には、表皮が溜まって行きます。

写真が少々、ピンボケですがお許しあれ。

慣れて来ますと、一度に3~4個を手に取り洗う事が出来ます。

 

まぁ~10Kgも洗いますと、男はこんな単純仕事には飽きが来るのです。

それでも、頑張って洗いました。

 

新聞紙の上に広げ、一晩乾燥させます。

我が家では、塩漬けは行いません。

やはり、塩漬けをしますと、水分が抜け柔らかく成ると共に塩辛くも成ります。

翌日は、一番の大鍋に湯を沸かします。

まぁ~一晩は家じゅうに、ラッキョの匂いが漂って消毒?が出来たような。

(@_@;)

ボールにも冷水を用意します。

最初の1杯目のみ氷を入れましたが、その後は流水で冷やしました。

ラッキョ袋に記載されていますレシピでは、水は掛けないと有りますが、我が家のパリパリ漬けでは急冷します。

表皮を取り除きました、ラッキョをザルに入れ、沸騰しました湯に10秒間浸けます。

これは、主に殺菌の役割と考えています。

長く茹ですぎますと、ラッキョが柔らかく成りますので、要注意です。

この時、ザルは熱湯で熱く成りますので、大きいホークで片側を持ち上げ布巾で掴み、反対側をホークで持ち上げ取り出します。

初めてラッキョ漬けをした時は、取り出す事が出来ず、慌てたものです。

(@_@;)

 

熱湯浸け時間は、10秒厳守ですよ。

 

取り出しました熱湯消毒済みのラッキョは、流水で急冷します。

袋のレシピでは、水に漬けないとの記載がありますが、ここはパリパリ狙いで行きます。

 

いよいよ漬け込みです。

漬け込み容器は、焼酎でアルコール消毒します。

煮沸消毒でも良いでしょう。

 

刻み唐辛子を適量、好みに合わせ入れます。

唐辛子は国産品を探したのですが、無いですね~。

仕方なく、SB製の刻み唐辛子にしましたが、企業を信用するしか無い所です。

今年の夏から秋には、道の駅で国産唐辛子を買い込みましょうか。

 

ラッキョ酢は、JAいなばでラッキョと同時に買い込んだ物です。

10Kg漬け込みで、7本必要でした。

これも、毎年使用し実績が有りますので、外せない所でしょうね。

熱湯消毒しました、ラッキョを容器に入れます。

次にラッキョがひたひたに浸かる程度まで、ラッキョ酢を入れます。

この時、新しいラッキョは酢に浮きますから、必要以上には入れない事です。

透明ガラス容器ですと、底のラッキョが浮き上がるのが見えますので、約20mm程度浮いた状態で良いと思います。

 

今回は、Keny用にスペシャルも用意しました。

刻み唐辛子は、2倍以上!

その上、ラッキョ酢を入れた後、さらに「琉球もろみ酢」を入れ、風味付けを行いました。

さてさて、どの様な仕上がりと成るでしょうか?

 

10Kgラッキョ漬けの完成です。

これで、2週間から1ケ月も経過しますと、パリパリラッキョが食べれるのです。

(#^.^#)

 

まぁ~手抜き、簡単漬けでしょうか?

しかし、本邦初の簡単レシピ公開ですが、良い食感で大人気なのですよ。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰り道は買い物?! | トップ | 誰にも出来るブレーキ調整! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。