kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

EP3 Type R エンジンワーニング点灯

2017-03-08 11:12:48 | エンジン

<次から次にと壊れます>

3月とは、声ばかりで寒い日が続いており、昨日は岐阜辺りでは、雪が舞ったようです。

 

そんな今日は番外編ですが、Type Rのエンジンワーニングが点灯したのです。

赤丸のエンジンマークが、オレンジ色に点灯しています。

点灯していましても、エンジン吹き上がり、アイドリングも体感上は異常有りません。

条件に依っては、消灯しますから「現在故障が解消すれば消灯する」部類の軽い異常なのでしょう。

 

今年からワーニングランプ点灯は、車検時に不良と見なされ合格出来なく成る法改正が有りました。

修理しない訳には行かないでしょうね。

 

この際ですから、ボヤキを一つ。

車齢 12年越えの重量税は高く成るのです。

この愛すべき日本では、古い物を大切に使いますと、税金が高く成ると言う摩訶不思議!

「勿体無い」精神は何処に行ったのでしょう?

 

海を渡り北oooo辺りに行ったのでしょうね。。。。

(@_@;)

 

ボヤいていても始まりませんから、修理を考えます。

まぁ~LAFセンサーか、O2センサー辺りとネライは付けているのですが。

因みにこれがLAFセンサーで、床下のコンバーター前、エンジン側に取り付けられています。

LAFセンサーはお値段が高いのです。

ハーネスが付いた状態での一体部品ですから、取り外すには、こんな工具も必要です。

スパナだと滑り、難しいでしょう。

息子に聞いた工具屋さんで求めて来ました。

使用頻度から、安物を買いましたから口が開か無ければ良いのですが。。。

 

次に故障診断をし、LAFセンサーかO2センサーかの見極めが必要です。

最近時の車は、燃料噴射で所謂、コンピューターで作動しています。

故障診断も専用テスターを接続し、診断するのですね。

 

Type Rの場合、センターコンソールのこの部分にOBDⅡカプラーが有ります。

拡大しますと、こんな感じです。

専用テスターは持っては居ませんから、手持ちのサービスマニュアル、ネット上を検索し、故障診断方法を探します。

そうしますと、OBDⅡカプラーの4番、9番をショートしますと、エラーコードが読めるようです。

 

そこで、ショートハーネスを作成します。

手持ちの合いそうな端子が有る、カプラーを引っ張り出し端子抜きに掛ります。

OBDⅡカプラーを作成すると言う手も有りますが、また暇な時にでもしょうかと。

一番簡単な方法は、クリップを伸ばしショートさせる方法も有るようです。

 

カプラーの端子抜け防止を外し、端子を抜きます。

このタイプは赤矢印方向に端子ロックを押しますと、端子は抜けます。

コツはハーネスを軽く、引っ張りながらロックを押しますと抜けます。

まぁ~この辺りは、覚えて置きますと、何かのお役に立つやも知れません。

 

抜いたハーネス付き端子の被覆を剥きます。

慌ててましたから、ランチョンマットの上ですが、奥さまには内緒ですね。

(@_@;)

チョッチョッと半田付けをしたのですが、やや半田の盛り過ぎです。

 

次に熱収縮チューブを被せ、絶縁を取ります。

ここまで造りますと、ODBⅡカプラーを購入しますと、即専用カプラーが出来ますね。

さて、診断結果は即やりたい所ですが、明日以降にさせて下さい。

何しろ梅とメジロが待っていますから。

 

もしかしたら、昨年の梅模様柄の着物を着た天女に再会出来るかも?

(#^.^#)

 

梅とメジロさん、待ってて下さいね。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグカップはノリタケか?! | トップ | 枝垂梅が満開です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エンジン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。