kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

アッ! と言う間に5、000Km!

2017-06-20 09:55:38 | エンジン

 <オイル交換で気持ち良い走り>

梅雨入りしたとは言うものの、好天に恵まれ、この所、毎週お出掛けしています。

 

普通ですと毎週も一泊でお出掛けしますと、宿泊費まで考慮しますと、難しいものが有るでしょう。

この辺りがキャンカーメリットも有り、燃料代と少々の食費が有れば事足りますし、道の駅等でお得な品など見付けますと、家計の足しにも成ります。

 

まぁ~久しぶりのキャンピングカー賛歌に成りました。

そんなお出掛けが多いと、走行距離も自然と伸びます。

 

またまた、オイル交換の時期ですね。

交換オイルは、我が家の定番オイル!

カストロール GTX XF-08 5W-30ですね。

純正の0W-20程度の薄いオイルに比較し、粘度が高い(ネバリが強い)オイルと成りますから、高速走行、高負荷時のコンロッド打音が小さく成るのです。

コンロッド打音が小さいと言う事は、ガソリン燃焼時の衝撃を上手く逃がしているに通じますから、耐久的には良い影響を与えるでしょう。

キャンカーでスピードは出す方だと、自負されている方にはお勧めです。

 

まぁ~影響は無視出来る程度ですが、ネガとしましては、オイル粘度上昇に伴うオイル撹拌抵抗が若干上がりますので、燃費的には低下傾向に成るやも知れません。

微々たる燃費を取るか、エンジンの耐久性を取るかは、御自身の判断なのでしょう。

 

何時ものように下廻りの目視点検からです。

 

左フロントアクスル廻り。

走行距離も65,000Km越えですから、汚れは目立ちますが、雪道は走らないせいか錆は有りません。

右フロントアクスル廻り。

同じく汚れ以外に錆等は有りません。

ATミッション廻りも、オイル滲みすら有りません。

エンジンオイルパン廻りも、オイル滲みは有りません。

この辺り、流石にトヨタ車だと感心します。

案外、オイル滲みが発生する、国産車は多いのですよ。

オイル交換はmyピットが有るので、思いの外、楽に出来るのです。

オイル抜きは、かれこれ40年来の下抜き一本で来ています。

 

やはりドレンボルト取り外し、スラッジ共々オイル抜きをしますと、スッキリしますよね。

そんなKenyも遥か昔は、ジャッキUPしオイル交換をしていましたが。。。

 

今回はオイルも溢さず、順調に交換終了出来ました。

この所、チョンボとかボケとか、噛ましますから要注意ですよね。

(@_@;)

実は先日の温泉玉子キャラバンに、出掛ける前のオイル交換でした。

交換直後ですから、登坂時とかのエンジンネバリがやはり違いました。

 

紀伊半島は思いの外、山が険しいのです。

最近は尾鷲から新宮方面に行くのは、トンネル多数のバイパスが開通し峠越えが楽には成りましたが。。

 

明日辺りから天候は崩れる予報ですね。

カラッと梅雨で明けますと、アウトドアー派には嬉しいのですが。。。

農作物には適度なお湿りも必要ですよね。

 

さてさて、どう成りますやら。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温泉玉子キャラバン?! | トップ | XR 250R キャブレター修理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。