kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

お酒を呑んだ翌朝は

2017-11-15 12:49:31 | 中日本

<天気晴朗なれど二日酔いギミ>

昨夜は居酒屋 難やさんから、おtakaさんのタクシーに同乗し道の駅に帰って来ました。

今回は運良く、ホテルと道の駅が近距離に有りましたので、当然ながら居酒屋さんも氷見駅に近く、尚且つホテル、道の駅に近くの立地重点で設定したのです。

そんな訳でタクシーで5分程度で帰り着きますと、温泉入浴済みですから、も~う爆睡しか有りません。

 

翌朝です。

昨日の雨天が嘘のような青空です。

昨夜は、キャブコンが3台程度 P泊だったようです。

 

朝8時過ぎだったでしょうか?

朝ドラを見終わる頃に、窓をゴンゴン叩く音がするのです。

誰が叩いているのかと見ますと、猛婦 おtakaさんなのです。

朝から元気一杯で、自転車を駅まで行き借りて来たとか。

8時前に一度来て、まだ寝ているようだからと、2度目の御訪問だったようです。

 

我が家は朝が遅いですし、二日酔いギミですから、朝から自転車に乗る元気など有るハズも無いのです。

因みに猛婦とは、肥後の女将さん、強い女性を表す言葉だそうです。

 

朝のご挨拶だけされると、元気に氷見を散策すると自転車で出掛けられました。

コーヒーの一杯も出さず、失礼しました。

(@_@;)

 

そんな小さな嵐が過ぎ去り、静かさの中で今日の予定を考えます。

来た道を帰るのも面白く無いので、岐阜県 九頭竜湖を目指し走る事にしました。

当然ながら、道の駅 氷見でお昼のお寿司は買い込みます。

(#^.^#)

標高の低い山では、紅葉が残っていますが、高い山は既に終わっています。

山の頂上付近には、白い雪、霧氷?が掛っているような。

雨中走行で、アルミホイールはドロドロで可哀相な事。

帰ったら洗車が待っています。

途中、藁ぶきの門が見えましたので、Uターンします。

行徳寺の看板が見え、良い感じの藁ぶき山門が秋の陽射しを受けています。

その山門の前で、大きなネギを収穫されている方が見え、普段はめったに無いのですが、分けて貰えませんかと声を掛けてしまいました。

一度は断られたのですが、お寺を巡っていますと、少しお分けしましょうか?との嬉しい申し出です。

直前に業者風の方が、大量に欲しいとの声掛けが有り、断ったばかりだったそうです。

同じく業者に見えたのか、一旦断ったそうで、ここにも猛婦さんがお見えのようです。

(#^.^#)

ネギ5本程度と頼んだのですが、少々お代を出しますと一抱えもネギを頂いてしまいました。

(#^.^#)

その上、わざわざ新聞紙まで貰い、バゲッジに常備していますゴミ袋に入れ持ち帰りました。

ネギに傷を付けず、大きなゴミ袋を被せた所為か、匂いも出ず良かったようです。

その後、終わりかけの紅葉を愛でながら、白川郷方面に走ります。

 

気持ち良く、紅葉のワインディングロード 156号線を走っていますと、何故か渋滞です。

思えば例年、この時期は白川郷に入る駐車待ち渋滞が発生するのです。

待ちきれないのか、大型観光バスもUターンしているように見えます。

此方は、白川郷に入る予定は無いのですが、辛抱強く待ち何とかやり過ごしました。

 

その後は順調に走り、途中でランチとしました。

ランチの後は、氷見商店街で求めました「ぎんなん餅」で、お茶とします。

ぎんなん餅は名前の通り、ぎんなんの香りがした羽二重餅のようで、一度に2~3個は食べてしまう不思議なお味なのです。

まぁ~土地が変われば、色々な餅が有るものですね。

 

その後、順調に走り荘川桜の脇を抜け、道の駅 荘川に到着です。

ここの道の駅も温泉併設ですから、今日はここでP泊なのです。

帰って帰れない距離では無いのですが、折角ですからユックリしょうかと。

地デジテレビはまったく感度が無く、BSの出番です。

ほぼ真後に衛星が有るようで、BSアンテナ調整も2~3分の早業でした。

 

今晩はお酒抜きで、温泉で蕎麦でも頂きましょうか?

荘川の夜は深々と冷え込むのです。

ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 氷見の夜にブロ友さん遭遇 | トップ | 九頭竜湖からモネの池 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中日本」カテゴリの最新記事