kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

信長公ギャラリー

2017-07-17 09:49:26 | 中日本

<織田信長 何故か好きなのです>

梅雨の晴れ間、曇り空ですと出掛けない訳には行きません。

世間では3連休でもあり、岐阜市では「信長公450プロジェクト」が開催中とか?!

 

出掛けて来ました、岐阜市です。

迷いながらも最後は、スマホナビで「みんなの森 ぎふメディアコスモス」!

駐車場に入ろうとしますと、車高2.5m以上は入場出来ないとの事です。

仕方なく感を働かせ、近くの市役所駐車場に停めます。(門限17:30)

 

駐車場から出て歩きますと、汗が一気に吹き出します。

しかし、市内バスには信長公のイラストが!

嫌がおうにも期待が膨らみます。

暑さのせいでしょうか、セミの幼虫がアスファルトにひっくり返っています。

まだ生きていましたので、日蔭の木の根元に帰してやりました。

無事に木に登れたでしょうか?

 

汗を拭き拭き、辿り着きました、メディアコスモスは思いのほか真新しい建物でした。

岐阜市が最近、建てた図書館のようで、その一角で「信長公ギャラリー」が開催されているようです。

内部に入りますと、何故かスタバ、ローソンも併設です。

 

やっとと言いましても、駐車場からは徒歩7分位でしたが、スタバでブレイクタイムです。

ここで小話を一つ。

アイスコーヒーを注文する際、「アイスコーヒーには豆が付いています」、「この3種類からお選び下さい」との事でした。

アイスコーヒーを受け取り、飲んでいますと豆が無い事に気付きました。

おつまみの豆を貰わないと、と思い聞きに行きますと、おつまみでは無くアイスコーヒーの豆の種類が選ぶ事が出来るとのお話のようです。

いゃ~~お恥ずかしい限りですが、内容を理解し帰ろうとした、その瞬間の可愛い若い店員さんの冷めた顔が残念でした。

(@_@;)

 

気を取り直し、信長公ギャラリーに向かいます。

入場は無料でした。

内部は基本的に撮影禁止でしたが、最初と最後の部分のみは撮影可との事です。

 

信長公そっくりさんのマネキンがお出迎えです。

こんな丸顔でしたでしょうか?

う~~ん、イメージが違うような。。。。

鋭いカミソリのイメージだと思うのですが。。。。

 

とかとか思いながら、先に進みます。

ここからは、撮影出来ませんのでパンフを御覧下さい。

 

2017年は、織田 信長公が岐阜に入城し、岐阜と命名し450年に当たる年だそうです。

この記念すべき年を祝うと共に、日本遺産指定第一号に認定された事も含め、歴史観光都市を広く発信したいとの事で企画されたそうです。

回廊ゾーンに入りますと、世界的左官職人 挾土 秀平が新たに製作された、桶狭間、天下布武等の作品が並びます。

ここは、光を斜めから当たるように見ますと、違った世界が見えるやも知れません。

次に、「おもてなし劇場」があり、信長公の居館がCGで再現出現します。

居館は稲葉山の麓に有ったようで、岐阜市の発掘調査、ルイス・フロイスの書簡等から再現したそうです。

10分毎に上映されますから、ここは見て置きますと良いのかと。

ギャラリーを見て感じたのですが、イメージとは異なり、信長公はおもてなしの人だったようです。

長良川の鵜飼で有名な、「鵜匠」も信長公が名付けたそうです。

 

そんな遥か昔しに思いを巡らしながら、暑い現実世界に出ます。

駐車場までの途中の公園では、子供達が水遊びの真っ最中です。

ヒィ~ヒィ~と言いながら、駐車場まで帰りますと、早くも駐車場を閉め切ろうと警備員さんが立っていました。

時間は17時5分ですが、早仕舞したいようです。

まぁ~無料で停めましたし、良しとしましょうか。

 

今日は更に北上し、お花を愛でたく思っているのです。

もしかしたら、涼しい?かも知れませんしね。

 

通い慣れた道を郡上八幡に向け走ります。

 

明日につづく

 

<参考> みんなの森 ぎふメディアコスモス

ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すぐれ者充電器で満充電出来... | トップ | この夏 初めてのエアコンP泊 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。