kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

バックカメラ効果と点検

2016-10-01 09:23:17 | エクステリア

<ワクドキの効果確認>

昨日は朝方は気持ちの良い晴天でしたが、どうやら朝焼けぎみだったようです。

お昼頃からお出掛けしたのですが、その頃には厚い雲が。。。

 

我が地元では、朝焼けは天候が崩れる兆候なのですが、久しぶりのお天道様でしたから、忘れていました。

近場の何時ものポイントまで走り、効果確認です。

まぁ~ガレージから出す際に見ては居るのですが。。

 

どうでしょう?

赤丸部にカバーの縁が写り込んでいますが、まぁ~ほぼ良いポイントに決まったのかと。

これ以上、カバーを上方に取付ますと、日除け、防雨効果が薄まりますよね。

明度差に付いては、当日は曇り空でしたから効果確認はまた次回、晴天時に成るでしょう。

カバーを取付ますと、バックカメラ本体の樹脂部に直接太陽光が当たりませんからオゾン劣化も防げます。

そんな良い事? づくめのバックカメラカバーです。

 

今日はユックリする積もりで、お弁当持参でしたが、空模様が怪しく成って来ました。

早目に帰る事にします。

 

帰って再度、カバーを点検しますとカバーが浮き上がっているような。

バンクスボデーとベース間に1mm程度の隙間が見えます。

右側はベースとカバー間に0.8mm程度の隙間でしょうか?

再度、強く押し付けて見ます。

あまり効果は無いようで、引っ張って見ましたが外れる事は無いようです。

これは、小さなヒトバシラでしょうか?

今、思えばブチルをもう少し、丁寧に貼り付けるべきでした。

ベースのリブが無い部分に2重にブチルを貼り付け、平面にブチル面を形成するのが良いと思います。

(ネジ長穴下部のブチルは2重に貼り付けあり)

特に黄色丸部には、丁寧にブチルを貼り付ける事が重要なようです。

また、樹脂のベースとラバー?は接着した方が良いと思います。

この辺りはファーストペンギンならではの経験談でしょうね。

(@_@;)

まぁ~剥がし再度貼り付けも面倒ですから、暫くは様子見ですね。

落下する事は無いでしょう?

 

それにしても悪天候が続きます。

台風一過、秋晴れと行かないものでしょうか。。

ジャンル:
ドレスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バックカメラカバー新設 | トップ | シングルサブ状況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクステリア」カテゴリの最新記事